Hack blog Written by Hack

【OpenSea】NFTはイーサリアムorポリゴンのどちらで出品するべき?【あなたは〇〇がおすすめ】

NFT

「OpenSeaでNFTを出すなら、イーサリアムかポリゴンどっちを選べば良いの?それぞれの違いを知った上で、自分に合った選び方ができれば助かるんだけどなぁ!」

こういった疑問に答えていきます。

ただ結論は”目的によって使い分ける“です。

両方にメリット、デメリットがあります。重要なことは自分の目的に合わせて最適な方を選べるか?です。

A君の目的から逆算すれば「イーサリアム」
B君の目的から逆算すれば「ポリゴン」

という選び方になります。つまり、自分はどちらを選ぶべきか?の判断材料として活用して下さい。

本記事の内容

  • 【図解+比較表で解説】イーサリアムとポリゴンの違いとは?
  • 【診断/あなたは〇〇がおすすめ】イーサリアムorポリゴン

この記事を書いている僕は、イーサリアムでNFTアートを出品しています。一通りの経験は積んでおり、信頼担保になるかな、と思います。

本記事を読んだ後の姿

この記事を読めば、イーサリアムとポリゴンの違いが理解できます。その上で、あなたがOpenSeaで出品するべきNFTはイーサリアムorポリゴンのどちらかが分かります。

【図解+比較表】イーサリアムとポリゴンの違いとは?

イーサリアムとポリゴンの違いとは?

イーサリアムとポリゴンの違いを直感的に理解できるように2つの手段で紹介します。

  • 図解:全体像を掴む
  • 比較表:メリット・デメリットを把握する

【図解】イーサリアムとポリゴンの違いとは?

イーサリアムとポリゴンの違い図解

それぞれの違いについて結論は下記です。

  • イーサリアム : 大手デパート
  • ポリゴン : 町のフリーマーケット

上記をイメージできればOKです。

【比較表】イーサリアムとポリゴンそれぞれの特徴

それぞれの特徴を表にまとめると分かりやすいです。

イーサリアム:大手デパート ポリゴン:町のフリーマーケット
お客さんの人数 多い 少ない
商品の値段 高額商品が多い 少額商品が多い
ブランド力 高い 低い
商品の品揃え 多い 少ない
出品の手数料 必要 なし
オークション販売 可能 不可
購入者の負担 高いガス代 両替の手間
日本円への交換 直接可能 直接は不可

上記の「図解+比較表」でイーサリアムとポリゴンのメリット・デメリットが見えてきます。

イーサリアムとポリゴンのメリット・デメリット

イーサリアムのメリットは下記です。

  • お客さんの母数が多い・・・売れる確率が上がる
  • 商品の値段が高い・・・売上を作りやすい
  • ブランド力がある・・・信頼担保に繋がる
  • 日本円への両替可能・・・現金化がスムーズ
対象となるお客さんは世界中の人々です。つまり、買い手の母数が多く商品が売れる確率が高まります。また、お金を持っている層が多く、売上が作りやすい環境です。

イーサリアムのデメリットは下記です。

  • 手数料が高い・・・無駄な出費が出る
  • 品揃えが豊富・・・競合が多く、強い
大手デパートと同じイメージで考えれば理解が深まります。大手デパートで商品を出店する際は他の有名なブランドが競合になります。また、出店の固定費も多くかかってきます。

ポリゴンのメリットは下記です。

  • 手数料がかからない・・・出品の手数料は0円
  • 品揃えが少ない・・・わりと競合が少ない
フリーマーケットのイメージで考えればOKです。大手デパートに比べて固定費をかけずに出品できます。また、競合も大手デパートに比べれば少ないという感じです。

ポリゴンのデメリットは下記です。

  • お客さんの母数が少ない・・・売れる確率が下がる
  • 商品の値段が低い・・・売上を作りづらい
  • ブランド力が低い・・・信頼担保に繋がりづらい
  • 日本円への両替不可・・・現金化まで手間がかかる
イーサリアムに比べてお客さんの母数が少ないので、売れる確率が下がります。また商品の値段が低いので、生計を立てるには難易度が高いです。

ポリゴンの注意点

日本円にするには”ポリゴン通貨→イーサリアム通貨→日本円”という両替作業をしなければ現金化できず、手間がかかります。(※イーサリアムの場合は”イーサリアム通貨→日本円”とスムーズです。)

つまり、まとめると下記のイメージです。

  • イーサリアム→ブランド力が担保されており、人気のあるブロックチェーン
  • ポリゴン→コスパ抜群で初心者がNFTを始めやすいブロックチェーン

【診断/あなたは〇〇がおすすめ】イーサリアムorポリゴン

診断

結論は下記の2パターンになります。

  • パターン01 : 本気でNFTに挑戦するぞ!→イーサリアム
  • パターン02 : まずは無料でNFTを体験したい!→ポリゴン

とは言え下記のような方もいるはず。

「将来的にはNFTでしっかり稼ぎたい!ただ、いきなりイーサリアムで挑戦するのはハードルが高い…!どうしよう…。」

上記に該当する方は、下記のステップがおすすめです。

  • ステップ01 : まずはポリゴンでNFTに慣れる
  • ステップ02 : イーサリアムに挑戦する

イーサリアムとポリゴンそれぞれの出品方法について参考記事を置いておきます。

▼イーサリアムでNFT出品する

▼ポリゴンでNFT出品する

上記の手順に沿っていけばNFTが出品できます。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ここまでの内容をまとめていきます。

①イーサリアムとポリゴンのイメージ

  • イーサリアム : 大手デパート
  • ポリゴン : 町のフリーマーケット

イーサリアムorポリゴンを選ぶ際のポイント

  • 本気でNFTに挑戦するぞ!→イーサリアム
  • まずは無料でNFTを体験したい!→ポリゴン

以上になります。イーサリアムとポリゴンの違いを理解できても実際NFT出品まで行動出来る人は100人いて3人くらいのはず。

とは言え、そういった方向けに”次に繋がるアクション記事”を用意しているので是非参考にしてください。

▼イーサリアムでNFT出品する

▼ポリゴンでNFT出品する