Hack blog Written by Hack

【2022年最新】NFT投資!仮想通貨銘柄のおすすめ比較ランキング【選び方、注意点、始め方まで徹底解説】

Invest NFT

「NFT関連銘柄の仮想通貨への投資に興味があります!ただ、何から始めて良いか分かっていない状況です。例えば、どのくらい種類があって、どんな特徴があるのか把握できていないです…。そんな自分でもイチから理解できてNFT投資で稼いでいけるイメージを持てる記事があれば助かるんだけどなぁ~…。」

こういった悩みに応えていきます。

本記事の内容

  • そもそもNFT関連銘柄・仮想通貨とは?
  • NFT関連銘柄の将来性・今後の予想
  • NFT関連銘柄の選び方【結論 : 3つの手順】
  • おすすめのNFT関連銘柄ランキング5選
  • NFT関連銘柄を購入できるおすすめの取引所
  • NFT関連銘柄の注意点
  • NFT関連銘柄のまとめ
この記事を書いている僕は、仮想通貨への投資をしていたり、NFTアートを出品してNFTビジネスに挑戦しています。経歴としては、大手銀行→エンジニア→マーケターと”IT×金融”周りの知識は豊富なので信頼担保になるかなと。

本記事を読んだ後の姿

この記事を読めば、初心者でもNFT関連の投資知識が身に付きます。話題に取り残されることもなければ、知識武装して投資への一歩を踏み出すことができます。

それでは本題に入っていきます。

そもそもNFT関連銘柄・仮想通貨とは?

そもそもNFT関連銘柄・仮想通貨とは?
NFT関連銘柄とは”NFTを作成できるプラットフォーム上の基軸通貨”です。

例えば代表的な仮想通貨(基軸通貨)は以下の通り。

  • Enjin Coin(エンジンコイン)…ゲームのアイテムなどをNFT化して取引できる
  • THETA(シータ)…分散型の動画共有プラットフォームを提供している

ここでもしかすると”NFTはビットコインやイーサリアムも同様にブロックチェーン技術を利用しているからNFT関連銘柄だ!”って勘違いするかもです。ただ、ビットコイン・イーサリアムはNFT関連銘柄ではないです。

上記に関しては金融庁が以下の見解を述べていました。

例えば、ブロックチェーンに記録されたトレーディングカードやゲーム内アイテム等は、1号仮想通貨と相互に交換できる場合であっても、基本的には1号仮想通貨のような決済手段等の経済的機能を有していないと考えられますので、2号仮想通貨には該当しないと考えられます。 金融庁の見解

つまりNFT関連銘柄とは、NFTのプラットフォームで利用できる基軸通貨のことを指します。

NFT関連銘柄の将来性・今後の予想

関連銘柄の将来性・今後の予想
NFT関連銘柄の将来性・今後の予想は次の通りです。

  • 01:NFT市場の発展
  • 02:取り扱う取引所の増加
  • 03:NFT取引の活発化

それぞれを詳しく解説します。

NFT市場の発展

NFT関連銘柄の将来性は、NFTプラットフォーム市場の発展が重要です。関連銘柄が上昇するにはNFTサービス利用者の増加、大企業が参入してくるなどが必要です。

どの分野でも変わらないことですが、市場の発展には莫大な資金が必要になるので、企業・投資家の動きをニュースで拾っておきましょう。

また発展に関する懸念点は以下の通り。

  • まだまだ発展途上の技術だが、注目を集めて価格が一時的に上昇している現状
  • 現状の技術より良いブロックチェーンが台頭すれば既存と取り変わる可能性がある

上記の通り”絶対にこれは伸びる”と言い切ることが難しい現状です。しかしながら、”どれが伸びそうか?”を精査して投資をしていく楽しさもあるかな、と思います。

取り扱う取引所の増加

NFT関連銘柄は新しい仮想通貨だったりするので、上場している取引所が少ない傾向があります。(※国内取引所で取引するには、金融庁に認められて上場しなければなりません)

例えば日本ではエンジンコイン、テゾスといったコインを取り扱っていますが、他のNFT銘柄は上場されていなかったりするので、取引できる通貨が少ない状況です。

上記を踏まえて将来性が期待できる通貨でさえ上場している取引所が少ないので、時価総額が低く、価格が上がっていない通貨があります。

今後、取り扱う取引所が増えれば、多くの投資家が購入する可能性が増えるので、その分コインの価格上昇の引き金になります。

NFT取引の活発化

NFT関連銘柄の仮想通貨の価格を支えているのが、NFTの取引量です。

例えば、NFTゲームにしろ、NFTアートにしろユーザーが増えれば増えるほどNFTの取引が増えるため、通貨の取引が活発化されます。その結果、価格にプラスの影響を与えることがあります。

つまり、ユーザーの取引量によってNFT関連銘柄の将来性が見えてきたりします。

NFT関連銘柄の選び方【結論 : 3つの手順】

NFT関連銘柄の選び方
投資対象とするNFT関連銘柄は3つの手順で選ぶことがおすすめです。

投資対象とするNFT関連銘柄を選ぶ手順

  • 手順01:NFT関連銘柄の時価総額を調べる
  • 手順02:時価総額が高い通貨に絞って、特徴・将来性・取り扱い取引所等を調べる
  • 手順03:手順01・02で調べた情報をベースに、自分で納得できる投資対象を選ぶ

それぞれを詳しく解説します。

NFT関連銘柄の時価総額を調べる

coingecko

NFT関連銘柄の時価総額を調べるなら「CoinGecko」というサイトがおすすめです。
CoinGecko / 公式サイト

CoinGeckoは特的の分野に関連した仮想通貨をフィルター検索できます。

そもそも、なぜ時価総額を調べる必要があるのか?

NFT関連銘柄は取引所に上場しているものだけで100種類近くあります。(※2022年3月時点)1つひとつ調べた上でどれが良いかを選ぶのは初心者にとっては非常に困難です。そこでまずは、時価総額が高い安定した通貨から投資をスタートするのが良いです。

時価総額から読み取れること

  • 時価総額が高いもの⇒ある程度の需要と流動性があり、比較的安定した投資対象
  • 時価総額が低いもの⇒需要と流動性が低く、比較的ハイリスクな投資対象

つまり、CoinGeckoで時価総額が高い通貨を調査して投資対象の検討枠に入れましょう。

時価総額が高い通貨に絞って、特徴・将来性・取り扱い取引所等を調べる

時価総額の高い順番

上記の通り時価総額が高い通貨に的を絞った上で「特徴・将来性・取引所」などを調べます。

主要なNFT関連銘柄であれば、既に何かしらのサービスがリリースされています。そのサービス内容・特徴・サービス利用者数を調べて投資対象となり得るかを決めましょう。

手順01・02で調べた情報をベースに、自分で納得できる投資対象を選ぶ

サービスが将来的に普及するか?競合サービスがいないか?ユーザー利用者は増えているか?などを調べて興味・関心・確信など軸を持てる通貨に投資しましょう。※投資は自己責任なので、気をつけてください…!

おすすめのNFT関連銘柄ランキング5選

おすすめのNFT関連銘柄ランキング5選
NFT関連銘柄のうち、特におすすめの注目銘柄をご紹介します。

おすすめのNFT関連銘柄ランキング5選

  • Enjin Coin(エンジンコイン / ENJ)
  • Chiliz(チリーズ / CHZ)
  • Decentraland(ディセントラランド / MANA)
  • Axie Infinity(アクシーインフィニティ / AXS)
  • The Sandbox(サンドボックス / SAND)

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコイン

エンジンコインはEnjinプラットフォームで発行されている仮想通貨です。主にオンラインゲームで利用されているプラットフォームで、NFTゲーム市場で注目を集めています。

通貨名 エンジンコイン
ティッカーシンボル ENJ
現在価格 171円(※2022年3月19日時点)
時価総額 約1,600億円(※2022年3月19日時点)
時価総額ランキング 9位(※2022年3月19日時点)
取扱取引所 Coincheck / DMM Bitcoin

チリーズ(CHZ)

チリーズ

チリーズは、スポーツやエンターテイメント業界でのブロックチェーン活用を目指したプラットフォームで使用される仮想通貨です。海外取引所でしか取引できませんが、コインチェックと業務提携をおこなっており、スポーツやエンターテイメント業界での活用が期待されています。

通貨名 チリーズ
ティッカーシンボル CHZ
現在価格 23円(※2022年3月19日時点)
時価総額 約1,300億円(※2022年3月19日時点)
時価総額ランキング 10位(※2022年3月19日時点)
取扱取引所 海外取引所のみ

ディセントラランド(MANA)

ディセントラランド

ディセントラランドはVR空間のプラットフォームです。またその中で利用されている基軸通貨がマナ(MANA)です。ユーザーはVR空間内の施設利用・土地の売買などで楽しんだり、VR空間内で展開されるゲームで遊ぶことができます。

通貨名 マナ
ティッカーシンボル MANA
現在価格 293円(※2022年3月19日時点)
時価総額 約4,400億円(※2022年3月19日時点)
時価総額ランキング 2位(※2022年3月19日時点)
取扱取引所 海外取引所のみ

アクシーインフィニティ(AXS)

アクシーインフィニティ

アクシーインフィニティは、NFTゲーム「アクシーインフィニティ」内で使われるトークンです。デイリーアクティブユーザー数が100万人を超える人気となっています。また、ガバナンストークンとしての役割も持っているため、AXSを保有することでゲームの運営に投票できるのが特徴です。

通貨名 アクシーインフィニティ
ティッカーシンボル AXS
現在価格 6,034円(※2022年3月19日時点)
時価総額 約4,400億円(※2022年3月19日時点)
時価総額ランキング 1位(※2022年3月19日時点)
取扱取引所 海外取引所のみ

The Sandbox(サンドボックス / SAND)

サンドボックス

サンドボックスはNFTゲーム「The Sandbox」で利用できる通貨です。ゲームのプレイヤーがメタバースと呼ばれる仮想空間の中で、ボクセルアートのアバターや建物などのアイテムやゲームを作成して遊ぶゲームです。(マインクラフトっぽいイメージです)

通貨名 サンドボックス
ティッカーシンボル SAND
現在価格 383円(※2022年3月19日時点)
時価総額 約4,300億円(※2022年3月19日時点)
時価総額ランキング 3位(※2022年3月19日時点)
取扱取引所 海外取引所のみ

NFT関連銘柄を購入できるおすすめの取引所

おすすめの取引所
NFT関連銘柄の仮想通貨を購入できるおすすめの取引所を紹介します。

  • CoinCheck(コインチェック)
  • GMOコイン
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

それぞれ簡単に特徴を紹介します。

CoinCheck(コインチェック)

コインチェック
取扱名称 CoinCheck(コインチェック)
公式サイト CoinCheck(コインチェック)/ 公式サイト
取扱通貨種類 16種類
最低取引額 500円
提供サービス 仮想通貨販売所
仮想通貨取引所
CoinCheckつみたて
貸仮想通貨サービス
Coincheckは国内トップクラスの16銘柄を取り扱う取引所です。ダウンロード数No.1のシンプルで使いやすいアプリが用意されており、仮想通貨を初めて購入する方にも適しています。また、エンジンコインを取り扱っており、NFTマーケットプレイスのCoincheck NFT(β版)も運営しているので、NFT初心者におすすめです。

▼関連記事

GMOコイン

GMOコイン
取扱名称 GMOコイン
公式サイト GMOコイン/ 公式サイト
取扱通貨種類 約19種類
最低取引額 50円~
提供サービス 仮想通貨販売所
仮想通貨取引所
つみたて暗号資産
貸暗号資産

GMOコインは取扱銘柄数が国内トップと優秀です。ADAやATOMなど国内取引所で取り扱いが少ない銘柄があります。レバレッジ取引・つみたて暗号資産にも対応しているなど、取引サービスが豊富です。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer
取扱名称 bitFlyer(ビットフライヤー)
公式サイト bitFlyer(ビットフライヤー)/ 公式サイト
取扱通貨種類 約14種類
最低取引額 100円~
提供サービス 仮想通貨販売所
仮想通貨取引所
かんたん積立
Tポイントとビットコインの交換サービス
bitFlyerはNFT銘柄であるテゾス(XTZ)に投資することができます。また、積み立てサービスの「かんたん積立」は毎日・毎週・月2回・月1回など柔軟に積立日を決めることができます。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoin
取扱名称 DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
公式サイト DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)/ 公式サイト
取扱通貨種類 約14種類
最低取引額 1,000円~
提供サービス 仮想通貨販売所
仮想通貨取引所
BitMatch注文
DMM.Bitcoinは、NFT関連銘柄であるテゾスとエンジンコインにレバレッジをかけて取引することができます。レバレッジ取引ができるアルトコインの数が国内No1なので、他の取引所を既に持っていたとしても作っておきたい取引所と言えます。

NFT関連銘柄の注意点

NFT関連銘柄の注意点

NFT関連銘柄に投資を行う際は次の点に注意が必要です。

NFT関連銘柄に投資する際の注意点

  • 購入タイミングに注意する
  • ガス代の高騰に注意する

それぞれ解説していきます。

購入タイミングに注意する

NFT関連銘柄は価格変動が激しいので、購入タイミングに注意する必要があります。

ぶっちゃけ2021年に大きな注目を浴びた仮想通貨が多く、安定相場ではないことが事実です。

高騰する可能性もありますが、大きなリスクも抱えており、ハイリスクハイリターンな投資先であることは理解しておきましょう。

ガス代の高騰に注意する

イーサリアムのブロックチェーンを利用しているNFT関連銘柄は”ガス代”と呼ばれる取引手数料が発生します。

また、イーサリアムブロックチェーン上の動きが活発になればなるほど、イーサリアムのガス代は高騰します。

例えば僕はNFTアートを出品する際にガス代を10,000円ほど費やしました。

これが今後、10,000円以上になる可能性も十分に考えられるので、注意が必要です。

NFT関連銘柄のまとめ

関連銘柄のまとめ

いかがでしたでしょうか?
ここまでの内容を最後にまとめます。

  • そもそもNFT関連銘柄・仮想通貨とは?
  • NFT関連銘柄の将来性・今後の予想
  • NFT関連銘柄の選び方【結論 : 3つ】
  • おすすめのNFT関連銘柄ランキング5選
  • NFT関連銘柄を購入できるおすすめの取引所
  • NFT関連銘柄の注意点

悲報:97%の人は行動しない

ぶっちゃけこの記事を読んでも97%の人は行動しません。ただ、行動しないと旅行代、美味しいご飯代すら稼ぐことができません…。だからこそ、まずは自分に合っているかどうかを確かめるために小さいことから始めてみることがおすすめです。

▼次の行動に繋がる記事