Hiroblog Written by Hiro Terao

【書評】仕事に関する9つの嘘【あなたの常識は本当に正しいですか?】

Life Hack


1流ビジネスマンを目指すサラリーマン
「仕事ができるビジネスマンになりたいです。成果を出して未来の自分を良くしたいし、効率的に仕事ができるようになりたいし、科学的に正しい仕事の知識を知りたいです。何か参考になる記事はないかな?」

こういった、疑問に答えます。

本日のテーマ

書評:仕事に関する9つの嘘

今日のポイント

  • 【仕事に関する9つのウソ】
  • ①「どの会社」で働くかが大事
  • ②「最高の計画」があれば勝てる
  • ③最高の企業は「目標」を連鎖させる
  • ④最高の人材は「オールラウンダー」である
  • ⑤人は「フィードバック」を求めている
  • ⑥人は「他人」を正しく評価できる
  • ⑦人にはポテンシャルがある
  • ⑧ワークライフバランスが何よりも大事だ
  • ⑨「リーダーシップ」というものがある

記事の信頼性

  • 書籍:『NINE LIES ABOUT WORK 仕事に関する9つの嘘』
  • 著者:マーカス・バッキンガム
  • 実績:「最も影響力のある経営思想家」に選出された世界的研究者
  • 著書:『さあ、才能に目覚めよう』

記事を読んだ後の姿

科学的に正しい知識を脳みそに叩き込んだ上で
実際の仕事で効果的な行動ができ、人生が良くなるチャンスが掴めます。

ウソ①「どの会社」で働くかが大事

ウソ:「どの会社」で働くかが大事です。
真実:「どのチーム」で働くかが大事です。
理由:ほぼ全ての仕事がチームワークで成立しているからです。

⑴金融業界

  • グループ会社がある(銀行・証券・保険・消費者金融)
  • 配属は全国の各支店になる(僕は金沢市にいました)
  • 仕事はチームで働くスタイル(部長→次長→平社員)

⑵サッカー部

  • 1軍、2軍、3軍…の組織構成
  • 試合にはスタメン、ベンチ、応援組になる
  • 試合に出る人はポジションごとに分類される

組織と言うのは、深堀すると
かなり細分化されていきます。

大事なのは、「チーム」になります。

チームのメリット

  • 物事が分かりやすくなる
  • どこに集中するべきか分かる
  • 何をするべきかが明確になる

また、面白い研究結果があります。

「チームリーダーを信頼している」と答えた社員は、
それ以外の社員よりエンゲージメントが12倍高い、ことです。

これは実体験もあります。サッカーの話です。

AチームとBチームがありました。
Aチームの指導者は選手から信頼されていませんでした。
一方でBチームの指導者は選手から厚い信頼を得ていました。
その結果、Aチームが先に引退した中で
Bチームは試合を勝ち抜いて全国大会優勝まで達成した経験です。

リーダーを信頼できる人が多いチームは結果が出やすいと感じました。

ここまで聞いた方で、もしかすると

「AチームとBチームの話はたまたまだろ!」

って思うかもですが、そんなことないです。

もしあなたが、仕事や部活で信頼できない上司の下で
仕事することになったら頑張ろうと思えますか?
その上司を勝たせたい!と思いますか?

人間は感情の生き物なので、それくらいメンタルは大事です。

つまり、「どの会社」で働くかより「どのチーム」かが大事です。

ウソ②「最高の計画」があれば勝てる

ウソ:「最高の計画」があれば勝てる。
真実:「最高の情報」があれば勝てる。
理由:大抵の計画は、計画通りに行かず変更されるからです。

計画を見直し続けて、タイムリーな情報伝達の速度と鮮度を上げると効果的です。

⑴実体験:大阪高校サッカー選手権予選

結論:PK戦で敗退した
理由:過去のデータを基に蹴るコースが読まれていた

自分が「右に蹴ろう」と計画していても
相手に「右に蹴るから右を守ろう」と言う情報
が漏れていれば、負けてしまう事実があります。

⑵具体例:ポケモンバトル

相手がディグダ(地面タイプ)を繰り出してくると知っていれば、ピカチュウ(電気タイプ)を使いたい所だが相性が悪いので、情報を基にゼニガメ(水タイプ)を使うケースです。

ここまで聞いた方は、もしかすると

「じゃあ、どうやって情報をキャッチするんですか?」

と思うかもですが、効果的な方法があります。

それは、1on1で毎週「情報交換」することです。
つまり、「最高の計画」があれば勝てるのではなく「最高の情報」があれば勝てます。

ウソ③最高の企業は「目標」を連鎖させる

ウソ:最高の企業は「目標」を連鎖させる。
真実:最高の企業は「目的・意味・使命」を連鎖させる。
理由:人間は「意味・目的」が分かれば動く感情の生き物だからです。

3人のレンガ職人の話(※皆さんはどう感じますか?)

1人目のレンガ職人

あなた

「あなたは、ここで何をしているのですか?」

1人目のレンガ職人

「ん?見ればわかるでしょ!レンガ積みだよ!
朝から晩までここでレンガを積まないといけない!
暑い日も寒い日も風の日も1日中レンガ積みさ!
腰は痛くなるし、手はこの通り」

2人目のレンガ職人

あなた

「あなたは、ここで何をしているのですか?」

2人目のレンガ職人

「俺はここで大きな壁を作っている。これが俺の仕事。」

あなた

「おぉかなり大変ですね!」

2人目のレンガ職人

「なんてことはないよ。この仕事のおかげで家族を養っています。ここでは家族を養える仕事を見つけるのが大変だ。俺なんて、ここでこうやって仕事があるから家族全員が食べいくことに困らない。大変だなんていっていたら、バチがあたるよ。」

3人目のレンガ職人

あなた

「あなたは、ここで何をしているのですか?」

3人目のレンガ職人

「ああ、俺のことかい?
俺は歴史に残る偉大な大聖堂を造っているんだ!」

あなた

「大変ですね」

3人目のレンガ職人

「とんでもない。ここで多くの人が祝福を受け、悲しみを払うんだぜ!素晴らしいだろう!」

ザックリまとめると

  • 1人目のレンガ職人→目的なし
  • 2人目のレンガ職人→生活費を稼ぐのが目的
  • 3人目のレンガ職人→世の中に貢献することが目的

もし、皆さんが社員を雇用する側になったとき

「目的」をしっかり伝えることで3人目のレンガ職人のような
「世の中に貢献するぞ!」と一緒に頑張ってくれる社員を育てる
ことができる可能性があります。

ここまで聞いた方で、もしかすると

「じゃあ、目標を連鎖させる必要はないのですか?」

とあるかもです。必要ではあります。

「自分から自発的に立てた目標」は効果があるみたいです。

ただ、「目標」だけを言い続けると
無理に目標を達成しようと「不正・隠蔽」などの
不祥事をしてでも目標達成する人が出てきます。

それでは、本末転倒ですよね。
つまり、最高の企業は「目標」を連鎖させるのではなく、「目的・意味・使命」を連鎖させます。

ウソ④最高の人材は「オールラウンダー」である

ウソ:最高の人材は「オールラウンダー」である。
真実:最高の人材は「尖った人材」である。
理由:尖っている個性を寄せ集めたチームが強いからです。

具体例:歌

歌:[re:]/『もう1度』
メンバー:Taka 清水翔太 Nissy 絢香 阿部真央 Aimer KENTA 三浦大知

具体例:サッカー

チーム:CL3連覇時代のレアル・マドリード
メンバー:Cロナウド マルセロ モドリッチ ベンゼマ クロースなど

サッカーに詳しくない人はすみません。
ただ、メンバーそれぞれの『個性』が最強です。
それでも、めちゃくちゃ強いチームになるんですよね。

ここで、もしかすると、

「じゃあオールラウンダーな人材は必要ないの?」

って思うかもです。今から述べる考え方を参考にして欲しいです。

今回の書籍で述べられていることは
「個としてオールラウンダーを求めるのは微妙だが
チーム全体で見たときはオールラウンダーな組織であるべき。」
です。

皆さんは「何を」尖らせますか?

つまり、最高の人材は「オールラウンダー」ではなく、「尖った人材」です。

ウソ⑤人は「フィードバック」を求めている

ウソ:人は「フィードバック」を求めている。
真実:人は「注目」を求めている。
理由:人間は他人から注目されないと弱る生き物です。
(心臓病、鬱、自殺の強力な予測因子は「孤独」だと特定されている)

具体例:恋愛

女性の悩みを男性が聞くシーン

女性「仕事でイライラすることがあって…」
男性「あぁそうなんだ!大変だったね…」

で会話を「聴いて」から「共感」すれば事は済むケースが多いです。
ただ、そこから男性が女性に対して

男性「イライラしないような方法を教えてあげるね!」

って言ったら、女性はイラッとする傾向が強いです。
(自ら相談にきた女性が、解決策を示されると怒るのはナゼか?)

女性は男性に「解決策」を求めていのではなく
「一緒に話を聴いて共感してもらいたい」と思っているし
「私は間違っていない!ホッとした!」がゴールです。

こんな感じで、「フィードバック」ではなく「注目」することが大事です。

チームの好業績を生み出す上で、ポジティブな注目はネガティブな注目に比べて30倍も効果があると言われています。

仕事の場合は
ネガティブなフィードバックを1回したら
ポジティブなフィードバックを3~5回することがオススメです。

つまり、人は「フィードバック」を求めているのではなく、「注目」を求めています。

ウソ⑥人は「他人」を正しく評価できる

ウソ:人は「他人」を正しく評価できる。
真実:人は「自分の経験」なら正しく評価できる。
理由:私たちはどこまで行っても客観的な評価をするのが難しいからです。

企業の「人事評価」や「365度評価」だけでは正しく評価できません。

その代わりに
「もし〇〇なら、自分はどうするか?」は効果的です。

例えば、会社同僚のプレゼンを見たあなたが

「もし俺なら、もっとスライドはシンプルにするな!」

って思うシーンなどです。

こんな感じで「自分ならどうするか?」を考えて実践することをオススメします。
つまり、人は「他人」を正しく評価できないが「自分の経験」なら正しく評価できます。

ウソ⑦人にはポテンシャルがある

ウソ:人にはポテンシャルがある。
真実:人にはモメンタム(人柄×実績)が存在する。
理由:あくまで将来は「不明」なのでポテンシャルは怪しいからです。

転職活動:ポテンシャル採用とは?

⑴人柄:その人がどういう人間で、どこを目指しているのか?
⑵実績:これから身に付けたい測定可能なスキルと経験は何か?

を見ている感じです。(銀行で採用経験あり)

未経験からエンジニアを目指す場合は

人柄:コミュニケーションスキル 自走力 サービス開発が好き
実績:営業職出身 プログラミング独学期間3ヶ月 制作物あり

などがあれば、「ポテンシャル有り」となって採用される可能性もあります。
少なからず、僕はこのスキルがあったので就職できました。

面接官もバカではないので、見た目だけで

「この子オーラあって、ポテンシャルありそう!」

なんて適当な直感だけで採用は決断しないです。
つまり、人にはポテンシャルがあるはウソで、モメンタム(人柄×実績)なら存在します。

ウソ⑧ワークライフバランスが何よりも大事だ

ウソ:ワークライフバランスが何よりも大事だ。
真実:大好きなことと大嫌いなことのバランスが大事だ。
理由:勤務時間の20%以上を愛する仕事に費やしていると報告した医師は燃え尽きのリスクが著しく低かった結果があるからです。

消耗していた過去の僕

  • 1日10時間「銀行業務」 + 隙間時間で「資格勉強」

毎日が幸せな今の僕

  • 1日10時間「プログラミング」 + 隙間時間で「情報発信&運動」

稼働時間は昔も今も同じなのに
今の方が楽しいのは「好きなこと」ができているからです。

また2020年12月17日(木)にこんな発信をしていました。
音声配信:『好きな選択肢AとBで迷える人生は楽しい

『どんな行動で毎日を満たすか?を自分で選べる人生』
であることが、何よりも重要なんじゃないかと思っています。
つまり、「ワークライフバランスが何よりも大事」ではなく、「大好きなことと大嫌いなことのバランスが大事」です。

ウソ⑨「リーダーシップ」というものがある

ウソ:「リーダーシップ」というものがある。
真実:私たちは「尖り」にフォロワーシップを発揮する。
理由:人が付いてくる傾向は「尖り(特異性)」にあるからです。

実体験:サッカーのIリーグ全国大会優勝

  • チームキャプテン:僕
  • 僕の特徴:ゴールを取る…以上
  • チーム結果:全国大会優勝

書籍と僕の実体験を照らし合わせても

チームの「皆」が僕に付いてきてくれたのは
僕の「得点能力」という「尖り」をフォロー
してあげようとして、付いてきてくれたのだと感じました。

つまり、「リーダーシップ」というものがあるのではなく、私たちは「尖り」に付いていく傾向があります。

まとめ

本日のポイント

  • ①「どの会社」で働くかが大事
  • ②「最高の計画」があれば勝てる
  • ③最高の企業は「目標」を連鎖させる
  • ④最高の人材は「オールラウンダー」である
  • ⑤人は「フィードバック」を求めている
  • ⑥人は「他人」を正しく評価できる
  • ⑦人にはポテンシャルがある
  • ⑧ワークライフバランスが何よりも大事だ
  • ⑨「リーダーシップ」というものがある

繰り返しになりますが、
仕事には9つの常識と思われがちなウソが存在します。
その常識を疑い、真実を見抜いて行動することこそが
他人との差別化に繋がり、あなたの成果に繋がります。
本日は以上になります。

いますぐ、この本を手に取り人生を変えましょう!
>>書籍:仕事に関する9つの嘘