Hiroblog Written by Hiro Terao

【体験者が語る】Amazonオーディブルとは?料金・使い方を徹底解説

Life Hack

「最近うわさに聞くAmazonオーディブルってなに?普段の生活で、どのように利用されているのかな?
仕組み
料金使い方などについて、まとまった情報が欲しい。実際に利用している人の意見を聞いて自分に向いているかも把握したいなぁ~!」

こういった疑問に答えます。

本記事のテーマ

【体験者が語る】Amazonオーディブルとは?料金・使い方を徹底解説

今日の目次

  • Amazonオーディブルとは?
  • Amazonオーディブルの特徴5つを解説
  • 【4つある】Amazonオーディブルの利用シーン
  • Amazonオーディブルの仕組みと料金【中学生でもわかる】
  • 【手順は5つ】Amazonオーディブルの使い方
  • Amazonオーディブルのメリット・デメリット
  • 【経験談】オーディブル利用に向いている人、向いてない人とは?

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、毎日欠かさず情報を「耳でインプット」をしています。Amazonオーディブル・Voicyなど音声配信サービスのヘビーユーザーです。

実は、音声サービスを利用してから学習時間が1日3時間増えました。

実際、Amazonオーディブルを使い始めて「本でインプット」するハードルはかなり下がっています。今では「耳」から書籍の情報をガッツリ取れるような状態です。

そこで今回は「Amazonオーディブルとはなにか?」を中学生でもわかるレベルでわかりやすく解説していきます。

この記事でわかること

  • Amazonオーディブルとは?
  • Amazonオーディブルの特徴
  • Amazonオーディブルの利用シーン
  • Amazonオーディブルの仕組み・料金
  • Amazonオーディブルの使い方
  • Amazonオーディブルのメリット・デメリット
  • 利用に向いている人、向いていない人の違い

ぶっちゃけ、ここまでまとめられた記事はないはず。
最後まで読めば、Amazonオーディブルの知識は完璧です。

それでは、本題にいきましょう~。

Amazonオーディブルとは?


Amazonオーディブルとは?

結論:Amazonが提供する「耳で読書するサービス」です。

プロのナレーターが読み上げた音声を耳で読書できる仕組みになっています。

40万冊以上の本がAmazonオーディブルでは提供されています。

つまり、Amazonオーディブルとは下記の2つです。

  • Amazonが提供する耳で読書するサービス
  • 40万冊以上の本を耳で読書体験ができる

Amazonオーディブルの特徴5つを解説

Amazonオーディブルの特徴5つ
結論:Amazonオーディブルには下記の特徴があります。
  • 取り扱い作品数は40万冊(日本語の本は1万冊)以上
  • 1つのアカウントで聴けるデバイス・端末数は9台
  • 再生機能が充実(倍速で聴ける、タイマー機能付きなど)
  • 書籍をGETするためのコインと返品制度がある
  • なんと30日間の無料キャンペーンあり

それぞれわかりやすく解説します。

取り扱い作品数

結論:作品数は40冊以上で、そのうち1万冊が日本語の本です。

取り扱いカテゴリーはザッと下記になります。

取り扱いカテゴリー

  • ビジネス・キャリア
  • 自己啓発・人間関係・子育て
  • 資産・金融
  • 政治学・社会科学
  • 文学・フィクション
  • ミステリー・スリラー・サスペンス
  • SF・ファンタジー
  • エンターテイメント・アート
  • ライトノベル(ラノベ)
  • ティーン
  • 絵本・児童書
  • 教育・学習
  • 歴史
  • 科学・工学
  • 衛生・健康
  • コンピュータ・テクノロジーなど

ザッと挙げただけでも、たくさんあります。

例えば、下図は2021年7月の売れ筋ランキングです。

2021年7月の売れ筋ランキング

有名な本がたくさんあるので、良いですね。

聴けるデバイスの種類・上限数

結論:下記のスマホ・タブレット・PCで聴けます。
  • iOS・Android・Windows

また1つのアカウントに対してiOS系端末で3台Android系端末で3台Windows系端末で3台合計9台まで利用ができます。

Amazonオーディブルの機能

Amazonオーディブルの機能
Amazonオーディブルのアプリ機能は下記です。
再生速度の調整 0.5~3.5倍速で再生が可能
目次機能 目次から自分が聴きたい章にいける
スリープ機能 5~120分/章の終わり/カスタマイズで調整可能
早送り/巻き戻し機能 10~90秒 / 章での調整が可能
連続再生機能 可能
自動ロック不可機能 可能

自分好みにカスタマイズしやすいですね。

コインと返品制度

コインと返品制度

Amazonオーディブルのコイン制度

  • Amazonから毎月1コイン付与される(月額制)
  • 1コインで1冊購入することができる
  • コインの繰り越しが可能(有効期限は6ヶ月)
  • コインで購入した本は返品できる

Amazonオーディブルには単品購入型月額制があります。

月額制はAmazonから毎月1コインが付与されます。そのコインを1枚つかって本を購入することが可能です。利用するもよし、利用しないもよしって感じです。

利用しないコインは自動的に翌月へ繰り越されます。
(※入手から6ヶ月間)

また、Amazonオーディブルは返品制度があります。コインでGETした本を365日以内であれば返品できます。

上記の場合で返品した際は、1コインが戻ってくる仕組みです。

ここでもしかすると下記の意見があるかもです。

「え!?じゃあ【本を購入→返品→新しい本購入→返品のサイクル】を繰り返せばずっと1コインでいろんな本が読めるよね。」

確かにそうかもですが、Amazon側からするとNGです。

短期間における過度の返品など本特典の主旨から外れた利用はご遠慮ください。
会員の皆様に本特典の主旨から外れて利用されているおそれがある場合は、Audibleからお問い合わせをさせていただく場合や、一定期間本特典のご利用の制限をさせていただく場合がございます。なお、Audibleでは、「サンプルを聴く」の機能がありますので、ご購入の判断にお役立て下さい。
会員の皆様には本特典の目的をご理解いただいたうえでご利用くださいますようお願い申しあげます。

引用:Amazon「会員の返品特典について」

本来の目的を理解した上で、本当に必要な場合は返品しましょう。

なんと30日間の無料体験あり!

なんと30日間の無料体験あり
結論:Amazonオーディブルは30日間の無料体験があります。

無料体験を利用すれば、好きな本を1冊無料で聞けます。(激アツ)

Amazonオーディブルが初めての方におすすめの行動

  • 1:まず30日間の無料体験を利用してみる
  • 2:1冊無料で聞いてみて継続するか判断する

微妙だな!」って思えば解約するだけです。登録日から30日までに解約すれば無料で1冊もらって終了のみ、損はないはず。

実は、解約後も無料体験でGETした本はずっと聞けます。無料体験だけでもやる価値はありますね。

»Amazonオーディブルの無料体験をみてみる

また解約に関しては、2~3分で完了します。
解約方法についてはAmazon公式の記事がありました。
»退会方法を教えてください(Audibleヘルプセンター)

つまり、Amazonオーディブルの特徴は5つです。

  • 作品数は40万冊(日本語の本は1万冊)以上
  • 1つのアカウントで聴けるデバイス・端末数は9台
  • 再生機能が充実している
  • 書籍GETに必要なコインと返品制度がある
  • 30日間の無料体験あり

【4つある】Amazonオーディブルの利用シーン

Amazonオーディブルの利用シーン
結論:「〇〇しながら」耳で読書ができる
  • 移動シーン
  • 運動シーン
  • 家事シーン
  • リラックスシーン

この「〇〇しながら」こそが学習時間を生み出します。

移動シーン

結論:電車・車・徒歩での移動で利用できます。
  • 満員電車で本を広げて読むことができない…。
  • 車は運転に目と取られ、ハンドルを握った状態。
  • 徒歩中に両手で本を持ちながら歩くのはムズイ。
そんなときにamazonオーディブルが大活躍します。

運動シーン

結論:筋トレ・ランニング中に利用できます。

「筋トレ・ランニングをしている時は音楽を聴く。」ってのもアリだけど、どうせならその時間も勉強したい!シーンがありますよね。(僕はそっちタイプ)

トレーニングしながら、学べる」のは自分の中で革命的です。

家事シーン

結論:料理・洗濯・掃除中などに利用できます。

ぶっちゃけ仕事+家事をしていると読書する時間ってないじゃないですか?笑

Amazonオーディブルなら
家事している時にでも流し聴きできます。

リラックスシーン

結論:お風呂・睡眠前に利用できます。

いまは疲れているので、文章を目で読むのはシンドイ!
って思うことがありますよね。そんなときは「耳だけ」でインプットできます。

本当に隙間時間が充実します。

»Amazonオーディブルの無料体験をみてみる

Amazonオーディブルの仕組みと料金【中学生でもわかる】

Amazonオーディブルの仕組みと料金【中学生でもわかる】
  • Amazonオーディブルの料金
  • Amazonオーディブルの月額制サービス
  • Amazonオーディブルの支払い方法

それぞれの詳細について解説します。

Amazonオーディブルの料金

結論:無料会員と有料会員で違いがあります。
  • 無料会員:1冊2,000~2,500円ほどで単品購入できる
  • 有料会員:月額1,500円で1冊無料。2冊目以降は30%オフ

無料会員は、本を単品購入できます。しかし、紙の本より高い値段が設定されています。(※個人的に無料会員はコスパが良くないと思う)

オーディブル版が1番高い
有料会員は月額1,500円で1冊無料です。単品購入が2,000~2,500円なので、毎月1冊ペースで聞く方は無料会員より有料会員がお得です。

また有料会員なら2冊目以降の本は30%オフで購入できます。そして購入した本は解約後も聞くことができます。

Amazonオーディブルの月額制サービス

結論:月額1,500円で様々なことができる
  • 毎月1冊の本が購入できるコイン付与の制度
  • 追加料金なしでAudible指定の本が読める
  • Podcast(聴き放題)のサービスがある

それぞれ詳しく解説します。

毎月1冊の本が購入できるコイン付与の制度

僕はAmazonから貰ったコインで下記の本をGETしました。

人を操る禁断の文章術についての画像
紙の本・電子書籍なら1,500円、オーディブル版なら2,500円の本を無料でGETできたのはデカイです。

追加料金なしでオーディブル指定の本が読める

これは驚きでした。2021年7月は下図の本が無料で読めました。

オーディブル指定の本

これ実質2冊の本が、毎月1,500円で読めるとかヤバいですね。

Podcast(聴き放題)のサービスがある

最先端のテクノロジーなどについて語られるテーマなどもあります。

ポッドキャストの画像

こんなに情報をインプットできて、月額1,500円はやらないと損ですね。笑

»Amazonオーディブルの無料体験をみてみる

Amazonオーディブルの支払い方法

結論:クレジットカードのみです。
また、Amazonオーディブルの料金が発生するのは30日後です。なので、7月1日に会員になった人は7月31日に料金が発生します。注意点は月初ではなく、有料会員になった30日後です。

無料体験だけしたい方は30日以内に解約すること忘れずに!です。

【手順は5つ】Amazonオーディブルの使い方

Amazonオーディブルの使い方
結論:かんたん5つの手順で使えるようになります。
  • 手順1:Amazonの会員登録をする
  • 手順2:「30日間の無料体験を試す」を選ぶ
  • 手順3:読んでみたい本をサイトで購入する
  • 手順4:オーディブルのアプリをダウンロードする
  • 手順5:オーディオブックを再生する

それぞれわかりやすく解説します。
要は「登録→買う→アプリをダウンロード→聞く」の流れです。

手順1:Amazonの会員登録をする

まず、Amazonの会員登録を行う必要があります。すでに会員登録されている方は、ログインだけでOKです。


»Amazonの会員登録をする方はコチラをクリック


»すでにAmazon会員の方はコチラをクリック(Amazonオーディブルに飛びます)

手順2:「30日間の無料体験を試す」を選ぶ

Amazonオーディブルのページを開きます。すると「最初の1冊は無料。今すぐ聴こう」のボタンがあります。そのオレンジのボタンを押しましょう。
30日間の無料体験を試す画像

次はログイン画面に移ります。会員登録したメールアドレス・パスワードを入力します。その後は「サインイン」のボタンを押しましょう。
サインインの画面

次は支払い方法を選択します。「30日間の無料体験を試す」オレンジのボタンがあるので、クリックします。たったこれだけでAmazonオーディブルを開始することができます。
30日間の無料体験を実際に申し込む画像

手順3:読んでみたい本をサイトで購入する

手順1~2が完了したら本の購入ができます。Amazonオーディブルのサイトはこんな感じです。
実際のサイト画像

購入時の注意点

AmazonオーディブルはiOSアプリからの購入ができません。ブラウザで購入してからダウンロードする必要があります。

手順4:オーディブルのアプリをダウンロードする

購入した書籍を聞くために、アプリをダウンロードしていきます。

下記をクリックすればAmazonオーディブルのアプリをダウンロードすることができます。
»App Storeでダウンロード
»Google Playでダウンロード

手順5:オーディオブックを再生する

ここまでくれば、あとはアプリを開いて聞くだけです。「ライブラリ」から購入した書籍を選んで聞けるようになっています。


»Amazonオーディブルの無料体験をみてみる

Amazonオーディブルのメリット・デメリット

Amazonオーディブルのメリット・デメリット
耳で聞くサービス」のメリット・デメリットについて考えます。

Amazonオーディブルのメリット

Amazonオーディブルのメリットは下記です。

  • 活字が苦手でもOK
  • 目を休めながら読書できる
  • 「〇〇しながら聴き」ができる
  • 無料期間中に解約しても、無料期間内はサービス利用が可能

活字が苦手でもOK

本を読むと眠くなる…。活字は苦手だわぁ~…。
って方にとってAmazonオーディブルは救世主ですね。きっと多くの活字嫌いを救うことになるポテンシャルがあります。

目を休めながら読書できる

ずっと読書していると、たまに目が疲れませんか?
Amazonオーディブルは目をつぶっていても、耳でインプットすることができます。

「〇〇しながら聴き」ができる

個人的にはこれが1番大きいです。

  • 運動しながら勉強
  • 通勤しながら勉強
これだけで学習時間をかなり確保できます。例えば、僕は1日の中で通勤2時間、運動は1時間しています。合計3時間ですね。つまり3時間は「耳でインプット」している時間があるということです。これを1年継続したら365日×3時間=1,095時間です。

ある分野での脱初心者は可能なはず。

無料期間中に解約しても、無料期間内はサービス利用が可能

たまに下記のような方がいます。

「無料期間だけ利用するつもりが、解約を忘れて料金が発生した。」

コチラの解決策は、無料期間中に解約することです。
とはいえ、こんな疑問が生まれるはず。

「え!?解約したらその時点でサービスを受けれないんじゃないの?」

実は、無料期間中に解約しても、無料期間中はサービスを利用できます。

つまり、無料期間だけ楽しみたい方は、
先に解約した上で期間いっぱいまでサービスを使いましょう。

»Amazonオーディブルの無料体験をみてみる

Amazonオーディブルのデメリット

Amazonオーディブルのデメリットは下記です。

  • つまみ読みがむずかしい
  • 紙の本、電子書籍に比べて値段が高い

つまみ読みがむずかしい

結論:「自分の読みたい箇所だけ読む!」がむずかしいです。

一応、目次から聴きたい場所に飛べたり、早送り・巻き戻しの秒数を調整して聴きたい場所にたどり着くことはできます。

とはいえ、上記のことをする場合は書籍のほうが早いですね。

つまり、Amazonオーディブルは「すべて聞く」ことが前提にあったりします。

紙の本、電子書籍に比べて値段が高い

結論:購入する場合はシンプルに高いです。

例えば「嫌われる勇気」は下記のようになります。

  • 紙の本、電子書籍:1,650円、1,188円
  • オーディブル本:2,100円

オーディブルのほうはプロのナレーターが読み聞かせをしてくれます。その分がコストとして積み上がっています。

つまり、オーディブル本は紙の本、電子書籍に比べて高いです。
(※だから月額1,500円の有料会員になっている人が多いです。)

【経験談】オーディブル利用に向いている人、向いてない人とは?

向いている人、向いていない人
Amazonオーディブルは、人それぞれのライフスタイルによって「向き・不向き」があります。

ちなみに僕はAmazonオーディブル向きなライフスタイルです。例えば、定期的に運動する、毎日の通勤時間が長いなどです。

それぞれ「向き・不向き」について解説しますね。

Amazonオーディブルに向いている人

Amazonオーディブルに向いている人は下記です。

  • 活字を読むのが苦手だけど読書はしたい
  • 運動 / 家事中にも勉強時間を確保したい
  • 通勤時間が長くて電車で座っているだけ
  • 目が疲れるのはイヤだから耳で聞き流す

これに1つでも当てはまっている方は、おすすめです。

Amazonオーディブルに向いていない人

Amazonオーディブルに向いていない人は下記です。

  • 本はやっぱり紙or電子書籍って思う人
  • 運動 / 家事中は1つのことに集中したい
  • 通勤時間が短く、ゆっくり聞けない人

スポーツの向き不向きがあるように、
Amazonオーディブルの向き不向きもありますよね。

まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。
本日の内容をおさらいします。

Amazonオーディブルとは?

  • 結論:Amazonが提供する「耳で読書するサービス」です。

Amazonオーディブルの特徴5選

  • 取り扱い作品数は40万冊(日本語の本は1万冊)以上
  • 1つのアカウントで聴けるデバイス・端末数は9台
  • 再生機能が充実(倍速で聴ける、タイマー機能付きなど)
  • 書籍をGETするためのコインと返品制度
  • なんと30日間の無料キャンペーンあり

【4つある】Amazonオーディブルの利用シーン

結論:「〇〇しながら」耳で読書ができる
  • 移動シーン
  • 運動シーン
  • 家事シーン
  • リラックスシーン

Amazonオーディブルの仕組みと料金【中学生OK】

  • Amazonオーディブルの料金
  • Amazonオーディブルの月額制サービス
  • Amazonオーディブルの支払い方法

【手順は5つ】Amazonオーディブルの使い方

  • 手順1:Amazonの会員登録をする
  • 手順2:「30日間の無料体験を試す」を選ぶ
  • 手順3:読んでみたい本をサイトで購入する
  • 手順4:オーディブルのアプリをダウンロードする
  • 手順5:オーディオブックを再生する

Amazonオーディブルのメリット・デメリット

メリット
  • 活字が苦手でもOK
  • 目を休めながら読書できる
  • 「〇〇しながら聴き」ができる
  • 無料期間中に解約しても、無料期間内はサービス利用が可能
デメリット
  • つまみ読みがむずかしい
  • 紙の本、電子書籍に比べて値段が高い

【経験談】オーディブル利用に向いている人、向いてない人とは?

向いている人
  • 活字を読むのが苦手だけど読書はしたい
  • 運動 / 家事中にも勉強時間を確保したい
  • 通勤時間が長くて電車で座っているだけ
  • 目が疲れるのはイヤだから耳で聞き流す
向いていない人
  • 本はやっぱり紙or電子書籍って思う人
  • 運動 / 家事中は1つのことに集中したい
  • 通勤時間が短く、ゆっくり聞けない人

繰り返しになりますが、Amazonオーディブルとは「耳で読書するサービス」です。

実は、Amazonオーディブルのおかげで僕は1日3時間の勉強時間が確保できました。これを継続した先の未来を考えるとワクワクします。

Amazonオーディブルが初めての方はぜひ無料期間を利用して、どのようなものなのか試してみてくださいね。


»Amazonオーディブルの無料体験をみてみる

それでは、以上になります。
素敵なAmazonオーディブルライフを~。