【体験談】音声配信を1ヶ月やってみた感想【stand.fmのデータ公開します】

VOICE


音声配信が気になる人
「近い将来で音声配信が来るって言われているけど、ぶっちゃけ、どうなの?その中でもし、配信するなら時期はいつが良いかな?始めた際に再生数を伸ばすなら何を意識するべき?」

こういった疑問に答えます。

本記事のテーマ

  • ①1~2年後には音声トレンドが来る!
  • ②音声配信を始めるならいつ?
  • ③再生数を伸ばすならまずは〇〇重視!
  • ④最後に…

記事の信頼性

 
この記事を書いている僕は、

音声配信を1ヶ月間、毎日配信しました。
僕のデータ公開をしながら解説していきます。

なので、この記事を読み終わった後には
「音声業界の現状」について少し詳しくなることが出来ます。

①1~2年後には音声トレンドが来る!

 
trend
1~2年後には音声業界がもっと盛り上げっているはずです。

盛り上がる理由がこちら⬇︎

  • ⑴有名配信者の準備期間が終了した
  • ⑵今後はインフルエンサーが参入する
  • ⑶「ながら聴き」は人の時間を奪わない

⑴有名配信者の準備期間が終了した

有名配信者は、いよいよ本領を発揮するはずです。
なぜなら、配信期間が2~3年を経過しているからです。

例えば、こんな感じです。(Voicy開始日)

上記の感じで、有名配信者は2~3年のノウハウを持っています。
毎日更新しているなら、800個くらいのコンテンツをアウトプットしているはず。

ただでさえ、本当に凄い方々がこれまで溜めたノウハウを
フルに活用して、もっと音声業界を盛り上げることは間違いないと思います。

ここまで読んだ方は、もしかすると
「話し手が凄くても、聞き手がいないと意味なくね?」
って思うかもですが、ぶっちゃけ問題ないです。

意識の高いビジネスマンなら、隙間時間でインプットしているはず。
1度、音声配信を人生に取り入れてみると、
何もしない時間がもったいなく感じるので、普通に「聴く」が習慣になります。

⑵今後はインフルエンサーが参入する

現状の有名配信者に加えて、今後はインフルエンサーも参入するはずです。
なぜなら、彼らは市場が伸びていく瞬間を常に伺っているからです。

例えば、インフルエンサーのYouTube動画でわかります。

実際に、マナブさんはstand.fmにて音声配信をしています。
その結果が、下記のツイートになります。

・配信数:21本
・再生回数:13万回
・収益:4万円

って感じみたいです。改めて、バケモンですね。

りゅうけんさんは、音声配信をしていないですが
常に音声配信が伸びるタイミングを伺っていると思います。

こんな感じで、インフルエンサーが音声市場を狙っています。

⑶「ながら聴き」は人の時間を奪わない

結論、音声配信は人の時間を「奪わず」に「豊か」にする特性です。
その理由は、YouTubeと音声配信の特徴を比較すれば明らかです。

例えば、

YouTubeを視聴する際は画面を見ながら視聴する人が多いと思います。
そして、YouTubeにオススメされた動画をつい見てしまって
1時間経過したってこともあるはず。


その反対に

音声配信は人の「視覚」を奪うわけではないので、音楽を聴きながら
別の作業をすることが出来ます。僕の場合は、筋トレ・電車の中で聴くスタイルです。

ってことは、音声配信は隙間時間を「豊か」にしてくれるものです。

現代のサラリーマンって、普通に人手不足とかで仕事が忙しいじゃないですか?

その中で、しっかり勉強時間を確保できる人が何人いるか?って言われたら疑問です。
ただ、そういった層でも勉強できる手段があるとすれば、音声配信が確実に刺さります。

こんな感じで、まとめると
有名配信者の準備期間が終わり、インフルエンサーも参入する
このタイミングで、忙しい人の時間を豊かにする音声配信は確実に伸びます。

②音声配信を始めるならいつ?

 
mic
僕みたいな一般人が、音声配信を始めるなら「今」しかないです。
なぜなら、音声トレンドが来るまさにこの1~2年が勝負だからです。

例えば、

マナブさんが音声配信始めました!って言えば
これまでTwitter・YouTube・ブログなどで積み上げた
圧倒的な影響力・ノウハウがあるじゃないですか?


過去の成果があるから、音声配信も価値アリ!とフォロワーが判断して
バーーーっと伸びていきました。

こんな感じで、インフルエンサーってある程度
「後発組」で参入しても、これまでの実績で力技で伸ばすことが出来ます。

一方で、一般人が同じ戦い方をしたら埋もれます。
凡人は「流行るモノ」を「流行る前」から取り入れてみて
それで「勝てるかどうか?」って感じだと思います。

りゅうけんさんのツイートどうぞ!

僕はYouTubeで参入するタイミングが遅かったので
時代の恩恵をそこまで受けれずに、停滞していたりします。

その失敗談があるので、音声配信は波が来る前に始めています。

つまり、一般人が音声配信を始めるなら今しかないです。

③再生数を伸ばすならまずは〇〇重視!

 
important

一般人が音声配信で再生数を伸ばすならタイトルが命です。
なぜなら、タイトルが意味不明だと内容が予想できずに聴かれないからです。

聴く側もそこまで暇じゃないので、どうせ10分聴くなら自分に関係のある話を選びます。

ここで、僕のデータを公開して実際に伸びた配信・伸びなかった配信を比較します。

約30個のコンテンツを毎日配信しました。
総再生数は330回になります。

伸びたコンテンツ

伸びなかったコンテンツ

伸びたコンテンツは聞き手にとって
非常にイメージしやすいタイトルになっています。

一方で伸びなかったコンテンツは聞き手にとって
タイトルからは全く意味不明な難しいワードが揃っています。

こんな感じで、分かりやすいタイトルの方が聞かれます。

僕自身も、他の配信者のコンテンツを聴く際は
タイトルのみが決め手になっています。

こんな感じで、話し手のデータ・聞き手の感情の
両面を客観的に分析したら「タイトルは命」は正しいかもです。

④最後に…

 
mic

いかがでしたでしょうか?

本日の内容を、まとめます。

本日の内容:おさらい

  • ①1~2年後には音声トレンドが来る!
  • ②音声配信を始めるなら「今」です!
  • ③再生数を伸ばすならまずは「タイトル」重視!
  • ④最後に…

こちらになります。

繰り返しになりますが、
音声配信のトレンドは確実に来ます。
そして、一般人が参入するなら「今」です。
その際に、「タイトル」はマジで大事です。

ぶっちゃけ、人生を本気で変えたいなら
「受信者」だけでなく「発信者」になる必要があります。

是非、なんでも良いので「行動が足りない人」は1歩踏み出してください。
※なんでも無料で相談を受け付けています(@teraohiro8)

それでは以上になります。ありがとうございました。

Stand.fm:ヒロのプログラミングラジオ
Voicy:キンコン西野さんイケハヤさんしゅうへいさん
無料体験で1冊0円で聴ける:Amazon Audible※これはマジ神