【シンプル】自分の「強み」で勝負した方が良い話【僕は、コツコツ継続力です】

LIFE


挑戦して伸び悩む人
「新しいこと始めたけど伸びないなぁ〜!
何が正解か?が全く分からない…。
なにか解決方法はないのかな?ぐぬぬ〜。」

こういった疑問に、答えます。

本記事のテーマ

  • ①最初の挑戦は99%失敗します
  • ②「強み」が正解になりやすいです
  • ③あとは、挑戦→継続→改善です
  • ④最後に…

記事の信頼性

僕の強みは「継続力」です。
この強みを活かした挑戦で以下の実績を挙げました。

  • 筋トレ歴7年:ベンチプレスMAX110kg
  • サッカー歴20年:大阪府大会・関西大会・全国大会で優勝経験
  • 銀行勤務1年:銀行員資格を13個保持
  • 体育会、文系からプログラミング学習をして、エンジニアに転職

こういった、僕が解説します。

なので、この記事を読み終わった後には
自分オリジナルの勝ちパターンが分かった状態で行動できるはず。

①最初の挑戦は99%失敗します

 
99
何かしら行動を始めた人は本当に凄いと思います。
ただ、最初の挑戦は99%失敗します。

最初の挑戦が99%失敗する理由

  • 理由①:同じ土俵にはプロがいるから
  • 理由②:「思っている事」と「やってみた事」は全く違う

理由①:同じ土俵にはプロがいるから

 
社会人のあなたが副業を始めたことをイメージしてください。

  • ブログ
  • 動画編集
  • 株式投資
  • YouTube
  • せどり

何でも良いですが、その市場にはプロがいます。

あなたが始める何年も前から闘っている猛者です。
あなたがLv.1としたら、周りにはLv.100が溢れています。

小学生がスポーツを始める場合なら
基本的には同級生と一緒にトレーニングすることになります。

ただ、社会人になるとレベル・年齢・経歴など一切関係なく
どんな人も同じ市場で闘っていかないといけないんですよね。

これが、行動を始めた人が周りに圧倒されて伸び悩む要因です。

いきなり、Lv.100だけを見るからしんどくなりますよね。

僕は有名なYouTuberを徹底的に分析して、真似しようとしましたが
全く上手くいかずに、伸び悩み、萎えて、過去に80個の動画を消しました。

こんな感じで、学生時代とは違って社会人が闘う市場は

基本的にはLv.1~Lv.100まで無差別に振り分けられているので
自分の現在地をしっかり分析してLv.1がするべきこと「スライムを殴る」

ってことをまずはやっていく必要があると思います。

理由②:「思っている事」と「やってみた事」は全く違う

 
最初の挑戦が99%失敗する理由は
あなたが「思っていたこと」と「やってみたこと」の景色が違うからです。

  • YouTubeを発信する
  • ブログを発信する
  • 音声配信をする
  • 200名の前でスピーチする

いわゆる「受信者」から「発信者」になる例ですね。
ぶっちゃけ、受信者が発信者に向けて

「もっと、話のテンポに強弱付けたら良くない?」

とかって、確かにそのアドバイスはありがたいですが
いざ自分が、やってみるとどれだけ難しいか?に気付きます。

そこで、「思っていた事」と「やってみた事」のギャップが
凄すぎて、「やっぱり難しいからや〜めた!」ってなります。

つまり、最初の挑戦が99%失敗する理由は
プロレベルの人に圧倒されたり、ギャップに驚愕するからです。

②「強み」が正解になりやすいです

 
strong
じゃあ、どうやったら最初のハードルを突破できるのか?
結論は、自分にとっての「強み」を土台にして挑戦するべきです。

「強み」を土台にして挑戦するべき理由

  • 理由①:成功体験を持っているから

理由①:成功体験を持っているから

 
これまでの成功体験をイメージして欲しいです。
 
例えば、

  • 小さい頃に何かで表彰された経験
  • 学生時代に勉強で好成績を取った
  • 社会人になって、組織に貢献した

ぶっちゃけ、どんな小さなことでも大丈夫です。
そこには、自分ならではの「強み」を発揮していたはずです。

恐れ多いですが、インフルエンサーを例に挙げると

こんな感じで、共通する部分はあると思いますが
それぞれの「強み」は少なからず、違うと思います。

その中で、いかに自分の「強み」で闘うかが非常に大事です。

仕事にしても

業界:金融・不動産・メーカー・商社・IT...etc
職種:営業、事務、マネジメント、エンジニア、コンサル...etc

たくさん、あります。副業も色んなジャンルがあります。

その中で、やっぱり自分の強みが活きることを
した方が楽しいし、成果も出やすいはずです。

僕はYouTubeで失敗した経験があります。
それは「毎日更新」をせずに「動画編集」に拘って
動画の「更新頻度」が圧倒的にスローペースでした。
自分の強みである「継続力」を発揮しなかったんですよね。

ある人にとってはYouTubeを伸ばすなら「見映えだ!」
ってことで「動画編集力」で勝負する人もいるかもですが
僕にとって大事なことは「毎日更新」の方が大事です。

継続力の大事さが分かる記事です。
(僕はこの記事をキッカケにサッカーで日本1になりました)
Yahoo!記事 >> 本田はいた。宇佐美はいなかった

ここまで読んだ方は、もしかすると

「自分の強みなんて、そもそもない!弱みならあるけど…」
って方がいるかもです。ただ、問題ないです。

マナブさんの音声配信です。
『あなたの強みは、あなたの弱みから生まれる話』
stand.fm >> マナブさん:『あなたの強みは。あなたの弱みから生まれる』

僕も強みは「継続力」とか言いますが

天才ではなく、凡人だから「毎日コツコツ」でしか
そういう天才には勝つことができないんですよね。

「天才ではない」という弱みこそが
僕の「継続力」という強みに変換されています。

つまり、強みを土台にして挑戦することで
何も意識していない状態よりも成果が出るはずです。

③あとは、挑戦→継続→改善です

 
pdca
 
自分の強みが決まったら、挑戦→継続→改善あるのみです。
ここはちょっと、泥臭いですが、普遍的な話だと思います。

例えば、仕事は

  • コンサル
  • セールス
  • ライター
  • デザイナー
  • トレーダー
  • エンジニア
  • マネジメント
  • マーケティング

など、で分類されますし

その中で、性格は

  • 素直さ
  • 誠実さ
  • 効率的
  • 論理的
  • 積極的
  • 継続力

など、で人それぞれ違うと思います。

その中でも成果を出している人は
「挑戦→継続→改善」が抜け落ちていない人だと思います。

つまり、「強み」を出した中で「挑戦→継続→改善」が大事です。

④最後に…

 
gai
 
本日の内容を振り返ります。

本日のおさらい

  • ①最初の挑戦は99%失敗します
  • ②「強み」が正解になりやすいです
  • ③あとは、挑戦→継続→改善です

こちらになります。

繰り返しになりますが、

最初の挑戦は99%失敗すると思います。
ただ、当たり前なので問題なしですね。

「強み × 挑戦→継続→改善」で変化が起きます。

しかし、この記事を読んでも人生に変化はゼロです。
この記事で「なるほど」くらいで認識して、モチベの素材にしてください。

この記事を読んだ方と、良い報告ができると幸せです。

この記事に関連するオススメ