【学習】SAP:ABAPのSE38について学習してみた【設定方法など】

CODE


SAPのABAP初学者
「ABAPを勉強しています。そこで最近、SE38を知りました。ただ操作方法がよく分からないです。何か良い記事はないかな?」

こういった疑問に答えます。

今日のポイント

  • ①SE38でプログラムを作成する方法
  • ②SE38でエディタを開いた後にすること

①SE38でプログラムを作成する方法

  • 手順1:テーブル名を入力
  • 手順2:テーブルの詳細を設定

手順1:テーブル名を入力

テーブル名:Ztable_イニシャル日付(※任意ですが...)

Ztable_TH1211

手順2:テーブルの詳細を設定

表題:「何のプログラム?」かを明記する
※基本的には設計書の「名前」にあたる
タイプ:「実行可能プログラム」を選択
ステータス:「SAP 標準本稼働プログラム」を選択


進めていくと以下が表示されます。

②SE38でエディタを開いた後にすること

やること:オススメ3つ

  • オススメ1:Report情報を文頭に記述する
  • オススメ2:REPORT以下に記述する型を作る
  • オススメ3:フォントの調整を行う

オススメ1:REPORT情報を文頭に記述する

*----------------------------------------------------------------------*
*   プログラム名称        : 品目マスタ連携更新
*   プログラムID      : 表題を記載する
*   概要             : 記載する
*  
*   作成              : 2020.X.X BY寺尾洋
*&---------------------------------------------------------------------*
*   変更               :
*   変更理由           :
*&---------------------------------------------------------------------*

説明文があるだけで、見る側は助かります。

オススメ2:REPORT以下に記述する型を作る

*----------------------------------------------------------------------*
*   TYPES定義
*----------------------------------------------------------------------*




*----------------------------------------------------------------------*
*   DATA定義
*----------------------------------------------------------------------*

*   変数 内部テーブル 内部テーブルヘッダ




*----------------------------------------------------------------------*
*   選択画面定義 PARAMETERS/SELECT-OPTIONS定義
*----------------------------------------------------------------------*

* 選択画面の定義

*パラメータ

*----------------------------------------------------------------------*
*   INCLUDE定義
*----------------------------------------------------------------------*

*共有のプログラムの読み取り




*----------------------------------------------------------------------*
*   INITIALIZATION
*----------------------------------------------------------------------*
*初期化




*----------------------------------------------------------------------*
*   AT SELECTION-SCREEN
*----------------------------------------------------------------------*
*画面動きに対する反応



*----------------------------------------------------------------------*
*   AT SELECTION-SCREEN OUTPUT
*----------------------------------------------------------------------*
*画面のボタンに対する画面の編集




*----------------------------------------------------------------------*
*   START-OF-SELECTION
*----------------------------------------------------------------------*




*----------------------------------------------------------------------*
*   END-OF-SELECTION
*----------------------------------------------------------------------*
*終了処理

「今自分がどこを書いているのか?」が分かるフレームワークがあるだけで記述が楽になります。

オススメ3:フォントの調整を行う

理由:半角と全角の分別、コードとコメントの分別

画面右下にある「本」マークをクリック

フォント:「MS 名朝」に設定
コメント:アイテムから「comments」を選択して「アイテムの前景」を変更する


見やすくなりました!

まとめ

今日のポイント

  • ①SE38でプログラムを作成する方法
  • ②SE38でエディタを開いた後にすること

以上になります。
TwitterYouTubeStand.fmしてます。
是非見ていただけると、幸いです。