【手順】SAP:アドオンテーブル操作方法【学習アウトプット】

CODE


「SAPアドオンテーブルの操作方法が知りたいなぁ!手順ごとに解説されていると助かるんだけどなぁ〜…。」

こういった疑問に答えます。

SAP:アドオンテーブル登録は以下の記事を参考に!

【手順】SAP:アドオンテーブル登録【学習アウトプット】

本日のポイント

  • 手順1:テーブル変更画面で3点入力
  • 手順2:項目タブを入力をする
  • 手順3:データエレメントを入力する
  • 手順4:ドメインを入力する
  • 手順5:有効化を実行する

こんな僕が解説

  • SAPエンジニア1年目です(2020年時点)

手順1:テーブル変更画面で3点入力

3つの項目を処理する

⑴内容説明:何のためのテーブルか明記する
⑵出荷クラス:ヘルプを参照する(基本はAを入力)
⑶更新:「照会/更新 – 許可」を選択する(責任者に聞こう)
1

手順2:項目タブを入力をする

基本は設計書があるので参照して行う!(※責任者に聞きましょう!)
table

1行目は「MANDT」を入力する機会が多い

mandt

データエレメント入力後の処理

データエレメントのフォームをダブルクリック
a
Yesを押す
a
ローカルオブジェクトを押す
a
Yesを押す
a

ディクショナリ: データエレメント変更画面

内容説明:設計書の「項目名称」を参照する
ドメイン:設計書の「ドメイン」を参照する
a
・項目ラベルタブでは4点入力する
短:設計書の「項目名称」と同じ
中:設計書の「項目名称」と同じ
長:設計書の「項目名称」と同じ
ヘッダ:設計書の「項目名称」と同じ
a

ドメインの処理

・入力後は「ドメイン」のフォームをダブルクリックする
以下のイベントが発生する
Yesを押す
a
ローカルオブジェクトを押す
a
Yesを押す
a

3つの項目を埋める

・内容説明(設計書を参照する)
・データ型(設計書を参照する)
・文字数(設計書を参照する)
a
値範囲※任意ではないです
固定値:設計書の備考を参照
内容説明:設計書の備考を参照
a

「有効化」を実行する

一通りの「項目・データエレメント・ドメイン」
3点の入力が完了したので「有効化」します。
有効化ボタンを押す
a
ローカルオブジェクトを押す
a
データエレメントとドメインを「有効化」したいので2つ選択する
a
エンターを押す→有効化が完了する

まとめ

  • 手順1:テーブル変更画面で3点入力
  • 手順2:項目タブを入力をする
  • 手順3:データエレメントを入力する
  • 手順4:ドメインを入力する
  • 手順5:有効化を実行する

今回は以上になります。