【手順】SAP:アドオンテーブルの有効化【学習アウトプット】

CODE


「SAPの勉強をしています。そこでアドオンテーブルの勉強をしていて「テーブルの有効化」をしたいです。エレメントとドメインの有効化はできたけど、テーブルの有効化はどうやって行うの?具体的な手順が知りたい!」

こういった疑問に答えます。

記事のポイント

  • 手順1:技術設定ボタンを押す
  • 手順2:「データクラス」と「サイズカテゴリ」を選択する
  • 手順3:保存ボタンを押す
  • 手順4:変更済み < – > 有効ボタンを押す
  • 手順5:有効化を実施する

手順1:技術設定ボタンを押す

こちらの画面に技術設定ボタンがあります。

手順2:「データクラス」と「サイズカテゴリ」を選択する

データクラス:0か1を選ぶ→0が無難
サイズカテゴリ:0~8を選ぶ→7が無難

手順3:保存ボタンを押す

こちらの画面に保存ボタンがあります。


 
↓こちらですね。

手順4:変更済み < – > 有効ボタンを押す

こちらの画面に変更済み < – > 有効ボタンがあります。


↓こちらですね。

手順5:有効化を実施する

エレメントやドメインの有効化と同様に
有効化のボタンを押して、有効化しましょう。
(※もし「警告」が出たらNoを選択してOKです。)

まとめ

本日は以下の手順を行いました。

  • 手順1:技術設定ボタンを押す
  • 手順2:「データクラス」と「サイズカテゴリ」を選択する
  • 手順3:保存ボタンを押す
  • 手順4:変更済み < – > 有効ボタンを押す
  • 手順5:有効化を実施する

それでは、以上になります。