【体験談】情報発信で得た新たな体験【本質は価値提供】

LIFE


情報発信しようか迷っている方
「最近、ビジネス系のインフルエンサーが情報発信は大事!ってよく言うけど…。そもそも情報発信ってなに?情報発信の本質はなにだろ?情報発信で得られたスキルってあるの?情報発信した結果どうなるんだろう?」

こういった、疑問に答えます。

本日のテーマ

  • 【体験談】情報発信で得た新たな体験【本質は価値提供】

今日のポイント

  • ①そもそも情報発信ってなに?
  • ②情報発信の本質
  • ③情報発信で得られるスキル
  • ④情報発信した結果の姿

記事の信頼性

現在の僕はこんな感じです

  • 25歳で銀行からITエンジニアに転職
  • 音声配信(stand.fm)、ブログ、Twitterで発信
  • ブログを始めて3ヶ月で1,114円の収益が発生

こういった、僕が解説する内容です。

この記事を読んだ後の姿

  • ①情報発信とはなにか?がわかる
  • ②情報発信で得られるスキル!がわかる
  • ③まずは発信をして小さな1歩を踏み出す

①そもそも情報発信ってなに?

  • 結論:SNSなどを通じて日々の体験したことを発信することです。

具体例

例えば、以下の媒体で発信することです。

  • Twitter
  • Instagram
  • ブログ
  • YouTube
  • 音声配信

Instagramに写真とコメント付きで

「今日のご飯が美味しかったです!オススメ!」

って投稿するのも、立派な情報発信です。

ここで、もしかすると

「あぁ私/僕は別に発信する内容はないなぁ!」

って考える方がいるかもです。

そういった発信内容が、思い付かない場合は
2~3年前の過去の自分」に向けて発信することがおすすめです。

過去の自分に向けて、アドバイス的な発信をすると

  • 自分の人生を整理できる
  • 整理した結果、取るべき行動が明確になる
  • その発信を見た、同じ悩みを持つ人の助けになる

という感じで、メリットもかなり存在します。

話を戻すと、つまり、情報発信とは
SNSなどを通じて日々の体験したことを発信することです。

②情報発信の本質

  • 【結論】現在地から目的地に辿り着くための「方法」を提供すること。
  • 【理由】その「情報」に価値を感じるか?が重要だからです。

具体例

同じ「情報発信」でも2つのパターンで考えます。

パターン1:友人の発信「スタバなう」

あなたの友人が、Instagramのストーリーで「スタバなう」という、投稿を載せているシーンです。

パターン2:友人の発信「-10kgのダイエットに成功した方法」

あなたの友人が、YouTubeで「-10kgのダイエットに成功した方法」という、動画を載せているシーンです。

上記のパターンは極端な例かもしれません。
ただ、パターン1とパターン2ならどっちの方が「価値」を感じますか?

結論は、パターン2:友人の発信「-10kgのダイエットに成功した方法」が有益だと思います。なぜなら、パターン1の友人の「スタバなう」って言ってしまえばどうでも良いです。それよりパターン2の方が有益です。ダイエットに興味がないなら、仕事で成果が出た方法、失敗しない転職方法など「〇〇な方法」などを発信している情報の方が「価値」が大きいです。

ここまで聞いた方で、もしかすると

「友人のスタバなう、が考え方によっては価値あるぞ!」

って意見があるかもです。確かにそうです。

ただ、自分ごとで考えると
スタバなう」と「体験談」の情報発信なら
どっちの方が周り・自分の人生を豊かにしてくれそうですか?

僕はモデル、俳優などの有名人ではないなら
「スタバなう」の破壊力はたかが知れていると思うので
「自分の体験談」などを中心に発信した方が良いと思います。

また、「価値ある情報」を届けることこそが情報発信の本質です。

つまり、情報発信の本質は
現在地から目的地に辿り着くための「方法」を提供することです。

③情報発信で得られるスキル

結論:大きく4つです

  • ⑴市場の分析
  • ⑵分析結果に基づいた企画
  • ⑶分かりやすい「伝え方」
  • ⑷結果に基づいた改善

なぜ4つのスキルが身に付いたか?

失敗談:⑴市場の分析

僕はビジネスで成果ゼロの状況だったにも関わらず、有名ビジネスYouTuberのような感じで「ビジネスマインド」を発信した経験があります。結論、全くコンテンツは伸びませんでした。(この市場は結果を出している人が話すから価値があると判明)

そこで以下の解決策を実施しました。

解決策:[発信内容=自分の経験×世の中のニーズ]で勝負

YouTube動画「プログラミング初心者にオススメな「パソコン」を紹介」が700再生を突破して、そこから1,114円の収益も発生しました。

⑵分析結果に基づいた企画

上記の感じで「自分の体験談×伸びている市場」で発信したら、伸びやすいということが分かったので、分析結果に基づいた発信内容を企画しました。2021年の現在だと「プログラミング」「マーケティング」あたりは伸びやすいと思います。

⑶分かりやすい「伝え方」

話し方は「結論→理由→具体例→反論に回答→再結論」です。

この「型」をブログ、音声配信、仕事でも実践しています。
この流れを意識して会話するだけで、相手の聴くストレスが軽減します。

型の例:「プログラミング」

  • 結論:私はプログラミングが好き
  • 理由:PCで開発することが楽しいから
  • 具体例:これまでにHP、ゲーム、アプリを開発した
  • 再結論:改めていうと、私はプログラミングが好き

失敗談:⑷結果に基づいた改善

ある程度の「」を発信すると「伸びるモノ」と「伸びなかったモノ」に分かれます。
僕の場合は「伸びたモノ1%」で「伸びなかったモノ99%」の比率でした。

そこで「伸びたモノ」がなぜ伸びたのか?
「伸びなかったモノ」がなぜ伸びなかったのか?
を分析した上で、
「次はこうしよう!」という作戦を立てて、
発信するようになりました。

ここで、もしかすると

「もう他人が有益な情報発信しているので、自分が発信するまでもない!」

という意見があるかもです。
ただ、あなたの現在地からの発信だからこそ「価値ある」コンテンツにもなります。

つまり、情報発信をすることで
分析力・企画力・伝え方・改善力を鍛えることができます。

④情報発信した結果の姿

  • 【結論】1年前の自分より10倍は成長しました。
  • 【理由】自分の力で「0から1」のお金を作れたからです。

自分の力でブログ収益の「0から1」を生み出せた話

ブログ、YouTubeから1,114円を稼ぐことができました。
会社に勤めて「給料」を貰う以外の稼ぎ方ができたのは嬉しいです。

価値ある発信ができたから、その対価としてお金を受け取ったはずです。

実際の転職活動、仕事で成果が出た話

転職活動、仕事において

「君の話す内容はとても分かりやすい。」
「君の書く文章はまるでライターさんみたい。」

という褒め言葉をいただくなど、日々発信することでトーク力ライティング力が成長していました。

ここで、もしかすると

「たった1,114円稼げただけで!」

って思うかもです。確かにバイト1時間分なのでショボいです。
しかも、初収益を挙げるまでに3ヶ月ほど掛かっているので雑魚です。

ただ、1度作ったコンテンツは今後も24時間中
誰かに見られ続ける可能性があり、収益が発生するかもです。

そう考えると、デジタルコンテンツの小銭稼ぎはバカにはならないです。

つまり、情報発信した結果、1年前の自分より10倍は成長しました。

⑤まとめ

おさらい:今日のポイント

  • ①そもそも情報発信ってなに?
  • ※日々の体験を発信すること
  • ②情報発信の本質
  • ※目的地に辿り着く方法の提案
  • ③情報発信で得られるスキル
  • ※分析力・企画力・伝え方・改善力
  • ④情報発信した結果の姿
  • ※1年前の自分より10倍は成長した

繰り返しになりますが、情報発信をすることで
自分では信じられないようなことが起きます。

僕は、誰もが、何かしらの形で発信するべきだと思っています。
ぜひ、これを読んだあなたもTwitterなどで発信することから始めてみましょう。

僕は毎日Twitter(@teraohiro8)や音声配信(stand.fm)で
発信しているので、ぜひフォローしていただけると幸いです。