【Part3】見やすいExcelは数字をカンマで区切る【脱・Excel初心者】

CODE

Excelスキルを上達させたい人
「Excelは苦手だけど、仕事で必要だから勉強したい。けど…何から勉強したら良いのだろうか?仕事に活きるExcel術は何だろうか?なんとか、Excelで苦戦する日々から抜け出して、仕事の成果を出していきたい。」

こういった、疑問に答えます。

本記事のテーマ

  • 【Part3】見やすいExcelは数字をカンマで区切る【脱・Excel初心者】

今日のポイント

  • ①数字はカンマで区切る
  • ②数字にカンマを付ける方法
  • ③お金の単位は「円or千円or百万円or十億円」にする
  • ④まとめ

記事の信頼性

下記の本で学習した僕が発信します。

ちなみに現在の僕は、銀行員からITエンジニアに転職してExcelを毎日扱っています。

記事を読んだ後の姿

  • 「Excelの基礎」を理解して、明日から活用できます。

①数字はカンマで区切る

見やすいExcel」は数字がカンマで区切られています。

なぜなら、カンマが付いていると一目で桁が分かるからです。

カンマが付いている表」と「カンマが付いていない表」で見比べます。

図:カンマが付いている表

図:カンマが付いていない表

ご覧の通り、カンマが付いているかどうかで「見やすさ」が変化します。

つまり、数字を理解しやすくするために、必ずカンマを入れるべきです。

②数字にカンマを付ける方法

カンマを付ける方法は簡単です。

手順に沿って解説します。

手順①:変更したい箇所を選択する

手順②:「桁区切りスタイル(右上)」をクリック

完成図:カンマが付いている状態


もう1度、手順を振り返ります。

  • 手順①:変更したい箇所を選択する
  • 手順②:「桁区切りスタイル(右上)」をクリック
  • 完成図:カンマが付いている状態

つまり、カンマを付ける方法は簡単なので、今からでも取り入れるべきです。

③お金の単位は「円or千円or百万円or十億円」にする

カンマに関連して、お金の単位の揃え方についても解説します。

金額が多くなると、単位を「」から「千円」として数字の下3桁を省略する場合があります。

僕が銀行員として働いていた時、会社の決算書を見る日々でした。

そこでは、会社の売上高って、何十億何百億何千億という単位になるので、お金の単位を「円」ではなく「百万円」を基準として記載している決算書もありました。

覚えておいて頂きたいことは
お金に単位をつける時には、千刻み(千円→百万円→十億円)にします。

日本語では「万円」,「億円」という単位が使われますがエクセルでは使いません。

そもそも英語では

  • 千→Thousand
  • 百万→Million
  • 十億→Billion

という単語はありますが、「」,「」を示す言葉はありません。

以下の図に、参考にしてもらいたい単位の考え方を載せました。

つまり、お金の単位は「千円→百万円→十億円」という千刻みで考えるべきです。

④まとめ

今日のおさらい

  • ①数字はカンマで区切る
  • ②数字にカンマを付ける方法
  • ③お金の単位は「円or千円or百万円or十億円」にする

繰り返しになりますが、
Excelを上達する上で重要なこと
まず「Excelの基礎」を押さえることです。

こういった「Excelの基礎」は他にもあるので、どんどん更新していきます。

最後になりますが、
僕が学んだ以下の本はかなりオススメです。
ビジネスマンなら誰もが必須で持っておくべきです。

是非、手に取って明日から使える「Excel術」を学んでください。


>>書籍:ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術
それでは、素敵なExcel Lifeを~!!!