【Part9】数字の色を上手く使い分ける方法【脱・Excel初心者】

CODE

Excelスキルを上達させたい人
「Excelは苦手だけど、仕事で必要だから勉強したい。けど…何から勉強したら良いのだろうか?仕事に活きるExcel術は何だろうか?なんとか、Excelで苦戦する日々から抜け出して、仕事の成果を出していきたい。」

こういった、疑問に答えます。

本記事のテーマ

  • 【Part9】数字の色を上手く使い分ける方法【脱・Excel初心者】

今日のポイント

  • ①数字の色は3種類で使い分ける
  • ②文字の色を変える方法
  • ③まとめ

記事の信頼性

下記の本で学習した僕が発信します。

ちなみに現在の僕は、銀行員からITエンジニアに転職してExcelを毎日扱っています。

記事を読んだ後の姿

  • 「Excelの基礎」を理解して、明日から活用できます。

①数字の色は3種類で使い分ける

結論

  • ⑴ベタ打ちの数字:青色 (例) = 10 + 20
  • ⑵計算式の数字:黒色 (例) = B2 + D3
  • ⑶他シートを参照:緑色 (例) = Sheet4!B3

注意点

  • ⑴「ベタ打ち」と「計算式」の混合:(例) = 10 + B2

以下の画像に重要なルールをまとめました。

では、なぜ数字の色を使い分ける必要があるのでしょうか?

文字の色で「見にくいExcel」と「見やすいExcel」に比較して考えます。

見にくいExcel:全て黒色

見やすいExcel:色を使い分ける


上記のように、色を使い分けるだけで「見やすいExcel」になります。

また、Excelは後で数字を入れ替えたりしながら、様々な計算をします。

例えば、以下のように使います。

  • 成長率が5%から10%に増えたら売上はどうなるか?
  • 従業員を10人から20人に増やしたら、利益は増えるか、減るのか?

この感じで、試算します。

自分で「いじれる数字」と「いじれない数字」の色を変えておくことで、どの数字を変えて良いのか簡単に区別することができます。

ただ、「ベタ打ち」と「計算式」にすると、計算式を作り直すことが面倒だし、「この数字はどういう意味なの?」と分かりにくくなり、計算ミスにも繋がる可能性があります。

つまり、大事なことは以下になります。

数字の色は3種類で使い分ける

  • ⑴ベタ打ちの数字:青 (例) = 10 + 20
  • ⑵計算式の数字:黒 (例) = B2 + D3
  • ⑶他シートを参照:緑 (例) = Sheet4!B3

注意点

  • ⑴「ベタ打ち」と「計算式」の混合はしない

以上になります。

②文字の色を変える方法

結論

  • 手順1:数字の色を変えたいセルを右クリック
  • 手順2:青色を選択してクリックする

以下に手順となる画像も載せておきます。

手順1:数字の色を変えたいセルを右クリック

手順2:青色を選択してクリックする


もう1度、振り返ると手順は以下です。

  • 手順1:数字の色を変えたいセルを右クリック
  • 手順2:青色を選択してクリックする

③まとめ

今日のおさらい

  • ①数字の色は3種類で使い分ける

繰り返しになりますが、
Excelを上達する上で重要なこと
まず「Excelの基礎」を押さえることです。

こういった「Excelの基礎」は他にもあるので、どんどん更新していきます。

最後になりますが、
僕が学んだ以下の本はかなりオススメです。
ビジネスマンなら誰もが必須で持っておくべきです。

是非、手に取って明日から使える「Excel術」を学んでください。

>> 書籍:ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術
それでは、素敵なExcel Lifeを~!!!