【Part13】数字が入らないセルにN/Aを入力する理由【脱・Excel初心者】

CODE

Excelスキルを上達させたい人
「Excelは苦手だけど、仕事で必要だから勉強したい。けど…何から勉強したら良いのだろうか?仕事に活きるExcel術は何だろうか?なんとか、Excelで苦戦する日々から抜け出して、仕事の成果を出していきたい。」

こういった、疑問に答えます。

本記事のテーマ

  • 【Part13】数字が入らないセルにN/Aを入力する理由【脱・Excel初心者】

今日のポイント

  • ①データが入らないセルはN/Aで表記
  • ②他にも使われるN/Mとは?
  • ③まとめ

記事の信頼性

下記の本で学習した僕が発信します。

ちなみに現在の僕は、銀行員からITエンジニアに転職してExcelを毎日扱っています。

記事を読んだ後の姿

  • 「Excelの基礎」を理解して、明日から活用できます。

①データが入らないセルはN/Aで表記

結論

  • データが入らないセルには「N/A」と表記しましょう。

理由:空白だけだと…

  • これから計算して埋めるセルなのか?
  • そもそもデータら入らないセルなのか?

という、無駄に悩む時間が生まれて生産性が落ちる可能性があるからです。

Excelの表にはデータが入らないセルがあります。

そこで「空白」にするか「N/A」にするかは重要なポイントです。

以下の画像で、ダメな例「空白」良い例「N/A」で比較します。

ダメな例「空白」

良い例「N/A」


データが入らないセルにN/Aと入れるだけで

「あぁ、このセルにはもうデータが入らないんだ!」

と認識することができて、次の作業に集中できます。

ここまで聞いた方で、もしかすると

「そもそもN/Aってどういう意味?なんの略称なの?」

って意見があるはずです。僕もそうでした。

N/Aの意味・略称

  • N/A = Not Applicable(ここにはデータが入らないよ!)

という感じなので、明日からセルは空白にせず、N/Aを使いましょう。

②他にも使われるN/Mとは?

N/A以外にN/Mというものが、使われることがあります。

N/Mの意味・略称

  • N/M = Not Meaningful(それ意味がないよ!)

具体例:会社の売上と成長率

  • 1年目:1,000万円
  • 2年目:1,500万円

なら成長率は50%になります。しかし

  • 1年目:0円
  • 2年目:1,500万円

なら成長率は計算できません。

上記のような場合にN/M(計算結果に意味はないぜ!)を使います。

つまり、N/Mは計算結果に意味がない時などに使われます。

③まとめ

今日のおさらい

  • ①データが入らないセルはN/Aで表記
  • ②他にも使われるN/Mとは?

繰り返しになりますが、
Excelを上達する上で重要なこと
まず「Excelの基礎」を押さえることです。

こういった「Excelの基礎」は他にもあるので、どんどん更新していきます。

最後になりますが、
僕が学んだ以下の本はかなりオススメです。
ビジネスマンなら誰もが必須で持っておくべきです。

是非、手に取って明日から使える「Excel術」を学んでください。


>> 書籍:ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術
それでは、素敵なExcel Lifeを~!!!