【Part67】Excel:エラーが出た時の表示内容を変更する方法【IFERROR関数を学ぶ】

CODE

Excelスキルを上達させたい人
「Excelは苦手だけど、仕事で必要だから勉強したい。けど…何から勉強したら良いのだろうか?仕事に活きるExcel術は何だろうか?なんとか、Excelで苦戦する日々から抜け出して、仕事の成果を出していきたい。」

こういった、疑問に答えます。

本記事のテーマ

  • 【Part67】Excel:エラーが出た時の表示内容を変更する方法【IFERROR関数を学ぶ】

今日のポイント

  • ①IFERROR関数とは?
  • ②エラーの表示内容を変更する方法:IFERROR関数
  • ③まとめ

記事の信頼性

下記の本で学習した僕が発信します。

ちなみに現在の僕は、銀行員からITエンジニアに転職してExcelを毎日扱っています。

記事を読んだ後の姿

  • 「Excelの基礎」を理解して、明日から活用できます。

①IFERROR関数とは?

if_error

結論

  • エラーが出た際に、分かりやすい表示設定ができる

具体例:画像付きで分かりやすく解説

下記は車1台あたりの経費を計算する表です。
エラー表示が「#DIV/0!」と出ており、分かりづらいです。
IFERROR関数を使って「#DIV/0!」を「要確認」に変更しました。
上図のように「#DIV/0!」というExcel初心者にとっては意味不明なエラー表示も、IFERROR関数を使うことで、分かりやすい表示に変更できます。

「車1台あたりの経費」は「経費÷販売数」です。今回は「販売数」が空白で計算できないからエラーが出ています。(※ちなみに「#DIV/0!」はゼロ除算エラーと言います。)

ここまで読んでいただいた方で、もしかすると

『別にエラー表示が「#DIV/0!」でも分かるので、変える必要性を感じていないです。』

っていう意見があるかもです。確かに自分だけで管理しているExcelなら問題ないです。

ただ、チームで仕事をしている場合です。
Excelに不慣れな人が閲覧しても分かるような表示にする方が親切です。

つまり、ここまでの内容をまとめると以下です。

IFERROR関数とは?

  • エラーが出た際に、分かりやすい表示設定ができる

次はいよいよ、IFERROR関数の使い方を図解付きで解説します。

②エラーの表示内容を変更する方法:IFERROR関数

エラー表示変更

結論:手順+図解付きで解説

  • 手順1:エラーになる可能性があるセル範囲を指定する
  • 手順2:指定したセルに =IFERROR()と入力する
  • 手順3:IFERROR(指定したセル, )を入力する
  • 手順4:IFERROR(指定したセル, エラー時に表示する文字)を入力する

上記の4ステップでかんたんに設定することができます。
以下で分かりやすく手順1~4を図解しました。

手順1:エラーになる可能性があるセル範囲を指定する

エラー可能性

手順2:指定したセルに =IFERROR()と入力する

IFERROR

手順3:IFERROR(C9/D9, )を入力する

C9/D9

手順4:IFERROR(C9/D9, “要確認”)を入力する

要確認

完成:「要確認」と表示することができた😋

完成
上図の手順でエラーの表示内容をかんたんに変更することができました。

つまり、ここまでの内容をまとめると以下です。

エラーの表示内容を変更する方法

  • 手順1:エラーになる可能性があるセル範囲を指定する
  • 手順2:指定したセルに =IFERROR()と入力する
  • 手順3:IFERROR(指定したセル, )を入力する
  • 手順4:IFERROR(指定したセル, エラー時に表示する文字)を入力する

以上になります。忘れた時は何度もこのブログを見返して下さい。

③まとめ

まとめ

今日のおさらい

  • ①IFERROR関数とは?
  • ②エラーの表示内容を変更する方法:IFERROR関数

繰り返しになりますが、
Excelを上達する上で重要なこと
まず「Excelの基礎」を押さえることです。

こういった「Excelの基礎」は他にもあるので、どんどん更新していきます。

最後になりますが、
僕が学んだ以下の本はかなりオススメです。
ビジネスマンなら誰もが必須で持っておくべきです。

是非、手に取って明日から使える「Excel術」を学んでください。

それでは、素敵なExcel Lifeを~!!!