【Part2】見やすいExcelのフォントは〇〇です【脱・Excel初心者】

CODE

Excelスキルを上達させたい人
「Excelは苦手だけど、仕事で必要だから勉強したい。けど…何から勉強したら良いのだろうか?仕事に活きるExcel術は何だろうか?なんとか、Excelで苦戦する日々から抜け出して、仕事の成果を出していきたい。」

こういった、疑問に答えます。

本記事のテーマ

  • 【Part2】見やすいExcelのフォントは〇〇です【脱・Excel初心者】

今日のポイント

  • ①フォント:英数字「Arial」、日本語「MS P ゴシック」
  • ②フォントを変更する方法
  • ③フォントサイズは「11」のままでOK
  • ④まとめ

記事の信頼性

下記の本で学習した僕が発信します。

ちなみに現在の僕は、銀行員からITエンジニアに転職してExcelを毎日扱っています。

記事を読んだ後の姿

  • 「Excelの基礎」を理解して、明日から活用できます。

①フォント:英数字「Arial」、日本語「MS P ゴシック」

以下の使い分けを行うと「見やすいExcel」になります。

  • 英数字:Arial
  • 日本語:MS P ゴシック

Excelの標準フォントは「MS P ゴシック」です。

英数字をArialにする理由は、MS P ゴシックだとキメが粗くなる欠点があるからです。

MS P ゴシックの図(MacのExcelならマシですね…。)

Arialの図


つまり、Excelには「見やすいフォント」の設定が必要です。
もう一度、まとめると英数字「Arial」、日本語が「MS P ゴシック」です。

②フォントを変更する方法

フォントを変更することは、簡単です。

手順に沿って、解説しました。

手順⑴:変更したい箇所を選択する

手順⑵:ホームタブのフォント🔽ボタンを押す(一覧が出る)

手順⑶:Arialを見つけて、クリックする

手順⑷:英数字が「Arial」に変わります


改めて、手順をまとめると

  • 手順⑴:変更したい箇所を選択する
  • 手順⑵:ホームタブのフォント🔽ボタンを押す(一覧が出る)
  • 手順⑶:Arialを見つけて、クリックする
  • 手順⑷:英数字が「Arial」に変わります

ここでもしかすると、

「英数字は【Times New Roman】でも良いのでは?」

という意見があるかもです。

確かに、オシャレでカッコ良いフォントです。

図:Times New Romanに設定した英数字


ただ、数字の線の太さが均一ではないのが微妙です。
「見やすさ」という点では、やはり「Arial」が良いです。

つまり、フォントを変更する方法は簡単です。
また、Times New RomanよりArialを使いましょう。

③フォントサイズは「11」のままでOK

フォントサイズは、初期値の「11」で良いです。

注意するべきことは、表の中で異なるサイズを使用しないことです。

なぜなら、サイズが異なる文字が表に散らばっていると、表全体で見た時にバランスが崩れるからです。

フォントサイズが揃っていれば、見る側(上司など)はストレスなく見ることができます。

図:異なるサイズを用いた場合

図:初期値の「11」で統一した場合


ここで、もしかすると

「じゃあ、強調したい文字はどう表現すれば良いですか?」

っていう、意見があるかもです。

その場合の解決策は「背景色」をつけることで目立たせましょう。

つまり、フォントサイズは初期値の「11」で統一しながら、目立たせたい文字は「背景色」を活用しましょう。

④まとめ

今日のおさらい

  • ①フォント:英数字「Arial」、日本語「MS P ゴシック」
  • ②フォントを変更する方法
  • ③フォントサイズは「11」のままでOK

繰り返しになりますが、
Excelを上達する上で重要なこと
まず「Excelの基礎」を押さえることです。

こういった「Excelの基礎」は他にもあるので、どんどん更新していきます。

最後になりますが、
僕が学んだ以下の本はかなりオススメです。
ビジネスマンなら誰もが必須で持っておくべきです。

是非、手に取って明日から使える「Excel術」を学んでください。

>>書籍:ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術

それでは、素敵なExcel Lifeを~!!!