【Part72】複数の条件を満たすデータのみ合計する方法【SUMIFS関数を学ぶ】

CODE

Excelスキルを上達させたい人
「Excelは苦手だけど、仕事で必要だから勉強したい。けど…何から勉強したら良いのだろうか?仕事に活きるExcel術は何だろうか?なんとか、Excelで苦戦する日々から抜け出して、仕事の成果を出していきたい。」

こういった、疑問に答えます。

本記事のテーマ

  • 【Part72】複数の条件を満たすデータのみ合計する方法【SUMIFS関数を学ぶ】

今日のポイント

  • ①複数の条件を満たすデータのみ合計する方法
  • ②まとめ

記事の信頼性

下記の本で学習した僕が発信します。

ちなみに現在の僕は、銀行員からITエンジニアに転職してExcelを毎日扱っています。

記事を読んだ後の姿

  • 「Excelの基礎」を理解して、明日から活用できます。

①複数の条件を満たすデータのみ合計する方法

条件に合うデータのみ合計する方法の画像

結論

  • SUMIFS関数を活用する。

そもそもSUMIFS関数とは?

  • 複数の条件を満たす値のみを合計することができる。

SUMIF関数との違いは?

結論 : 合計範囲を絞り込むための「条件式の数」に違いあり
  • SUMIF関数 : 1個のみ指定できる
  • SUMIFS関数 : 最大で127個まで指定できる

つまり、SUMIFS関数」は「SUM関数」の上位関数と言えます。

どんな分野で活用されているの?

  • マーケティング、リサーチなどデータ集計・分析の業務において活用されているケースがある。

SUMIFS関数の書式は?

=SUMIFS(合計対象範囲, 条件範囲1, 条件1, 条件範囲2, 条件2, …)

先ほど述べたように127個まで条件の指定を行うことができます。

実際にSUMIFS関数を使ってみる!

結論 : 以下の条件で販売数を求める
  • 商品名 : デスクトップPC
  • 店舗 : 東京本店

手順1 : =SUMIFS( )を入力する

SUMIFS

手順2 : =SUMIFS(合計対象範囲, )を入力する

合計範囲
上の図では「合計を求めたいセルの範囲」を指定しました。

手順3 : =SUMIFS(合計対象範囲, 条件範囲1, 条件1, )を入力する

条件指定1
上の図ではまず「条件に合う値をどのセル範囲のあいだで探すか?」を指定します。その次に「探す値の条件」を指定しています。

今回の場合は「商品名」の列から「デスクトップPC」の値を探すように指示しています。

手順4 : =SUMIFS(合計対象範囲, 条件範囲1, 条件1, 条件範囲2, 条件2, …)

条件指定2
手順3と同様の説明です。まず「条件に合う値をどのセル範囲のあいだで探すか?」を指定します。その次に「探す値の条件」を指定しています。

今回の場合は「店舗」の列から「東京本店」の値を探すように指示しています。

完成 : 東京本店のデスクトップPCの販売数が出せた!


つまり、以下の式を使えばかんたんです。

=SUMIFS(合計対象範囲, 条件範囲1, 条件1, 条件範囲2, 条件2, …)

以上なります。SUMIFS関数はデータ集計の作業を格段に速くしてくれる、とても重要な関数の1つです。

②まとめ

まとめ

今日のおさらい

  • ①複数の条件を満たすデータのみ合計する方法

繰り返しになりますが、
Excelを上達する上で重要なこと
まず「Excelの基礎」を押さえることです。

こういった「Excelの基礎」は他にもあるので、どんどん更新していきます。

最後になりますが、
僕が学んだ以下の本はかなりオススメです。
ビジネスマンなら誰もが必須で持っておくべきです。

是非、手に取って明日から使える「Excel術」を学んでください。

それでは、素敵なExcel Lifeを~!!!