【Part22】できる人はデータを数値+線で確認する【脱・Excel初心者】

CODE

Excelスキルを上達させたい人
「Excelは苦手だけど、仕事で必要だから勉強したい。けど…何から勉強したら良いのだろうか?仕事に活きるExcel術は何だろうか?なんとか、Excelで苦戦する日々から抜け出して、仕事の成果を出していきたい。」

こういった、疑問に答えます。

本記事のテーマ

  • 【Part22】できる人はデータを数値+線で確認する【脱・Excel初心者】

今日のポイント

  • ①数値の推移を「線」で確認する理由
  • ②折れ線グラフを作る方法
  • ③まとめ

記事の信頼性

下記の本で学習した僕が発信します。

ちなみに現在の僕は、銀行員からITエンジニアに転職してExcelを毎日扱っています。

記事を読んだ後の姿

  • 「Excelの基礎」を理解して、明日から活用できます。

①数字の推移を「線」で確認する理由

結論

  • 「線」にすると、細かい異常値に気付くことができるからです。

これから以下のパターンで、図解をもとに比較してみましょう。

  • 数字だけで分析する
  • 数字と「線」で分析する

数字だけで分析する

数字と「線」で分析する


上記のように「」で分析することによって

  • あれ?なんで3年目が急増しているの?
  • おおっと…。3年目以降は右肩下がりだな!

という、気付きを得ることができます。

ぶっちゃけ数字だけで分析しても「ふ~ん」で終わる可能性があります。

それを避けるためにも、優秀な人は「数字」と「線」をセットで確認し、2つの根拠を元に同僚・上司などに対して「3年目はどんな施策を打ちましたか?」などを確認して、未来に繋げます。

つまり、数字の推移を「線」で確認する理由は「線」にすると、細かい異常値に気付くことができるからです。(※今日から線で分析するクセを付けましょう)

②折れ線グラフを作る方法

結論:折れ線グラフの作り方は2つあります。

  • 作り方1:画面で[折れ線グラフ]を選択する方法
  • 作り方2:ショートカットキーを使う方法

作り方1:画面で[折れ線グラフ]を選択する方法

  • 手順1:線を引きたい範囲を指定する
  • 手順2:[挿入]タブを選択する
  • 手順3:[折れ線]を選択する

上記の手順を図でも解説


作り方2:ショートカットキーを使う方法

結論

  • ショートカットキー:Alt→N→N→Enter

上記の手順を図でも解説


つまり、折れ線グラフを作る方法は2つです。

  • 作り方1:画面で[折れ線グラフ]を選択する方法
  • 作り方2:ショートカットキーを使う方法

以上になります。

③まとめ

今日のおさらい

  • ①数字の推移を「線」で確認する理由
  • ②折れ線グラフを作る方法

繰り返しになりますが、
Excelを上達する上で重要なこと
まず「Excelの基礎」を押さえることです。

こういった「Excelの基礎」は他にもあるので、どんどん更新していきます。

最後になりますが、
僕が学んだ以下の本はかなりオススメです。
ビジネスマンなら誰もが必須で持っておくべきです。

是非、手に取って明日から使える「Excel術」を学んでください。


>>書籍:ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術
それでは、素敵なExcel Lifeを~!!!