モチベーションに左右されず、行動する方法【答えは脳科学が実証済み】

LIFE


モチベーションに左右されやすい人
「今から仕事を始めたいのに…。新しい習慣を継続したいのに…。モチベーションが上がらないからできない…!!!ってか、そもそもモチベーションってなに?モチベーションに左右されないコツってあるの?低いモチベーションでも行動する方法があれば知りたい。」

こういった、疑問に答えます。

本日のテーマ

  • モチベーションに左右されず、行動する方法【答えは脳科学が実証済み】

本日のポイント

  • ①そもそもモチベーションってなに?
  • ②モチベーションに左右されない自分になるコツ
  • ③低いモチベーションでも行動できる自分になる方法

記事の信頼性

こんな僕が、解説しています。

  • サッカーを始めて20年目
  • 筋トレを始めて7年目
  • 新卒は銀行→現在はITエンジニア
  • 銀行の資格は13個取得
  • ブログを始めて3ヶ月で1,114円の収益

また、僕個人の意見だけでなく

  • 東京大学教授の脳研究者・池谷裕二さん
  • メンタリストDaiGoさんの書籍

を参考にしながら解説する記事になります。

この記事を読んだ後の姿

  • モチベーションを理解できる
  • モチベーションに左右されないコツがわかる
  • 低いモチベーションでも行動できる自分になる

①そもそもモチベーションってなに?

結論

  • 国語辞典:人が何かをする際の動機づけや目的意識。
  • 僕の主張:そもそも「モチベ(やる気)」は存在しないです。

理由

東京大学教授で脳研究者の池谷(イケガヤ)さん
脳科学的に「モチベ(やる気)」は存在しないと言っているからです。

「モチベ(やる気)」という言葉は「やる気」のない人間によって創作された虚構である。

とまで述べています。

具体例

本来は「行動」があって「感情」が生まれます。

そこに人間は「なぜ行動できたの?」などを言語化しようと「これはモチベ(やる気)のおかけだ!」と新しく言葉を生み出してしまったんです。

これは、単なる後付けの言葉に過ぎないです。

⑴「笑う」という行動と「楽しい」という感情の関係性

本来は、「笑う」から「楽しい」という状態になります。
なので、「楽しい」から「笑う」ではありません。

⑵「ガッツポーズ」という行動と「達成感」という感情の関係性

あなたが、サッカーの試合でゴールを決めたとします。
その時に、ガッツポーズをして、達成感を感じるはずです。

僕らの感情の起点になっているのは「」ではなく「身体」です。

ここで、もしかすると

「上司にお前はやる気がないって言われます!どうすれば良いですか?」

ってあるかもです。これは、もはやパワハラです。
ないものを「出せ」って言われているのだから地獄です。

つまり、そもそもモチベーションは存在しないものです
モチベ(やる気)」なんていらない!」と割り切る心理スタンスの方が良いです。

②モチベーションに左右されない自分になるコツ

結論

行動の習慣化が有効です。

理由

習慣化することで「モチベ(やる気)」が不必要になるからです。

具体例

  • 歯磨き
  • 毎朝の通勤
  • LINE、メールの返信

上記の3つは自然と「毎日」行なっていませんか?

「うわぁ今日モチベーション低いから歯磨きサボって、通勤せず会社飛んで、メールも無視するぜ!ぐへへッ!!!」

って、なかなかならないですよね。

なので、モチベーションに左右されずに行動するには習慣化が最強です。

習慣化を手に入れる方法

書籍:メンタリストDaigoさん『超習慣術』

①習慣化したい行動を「取り組みやすい」ようにする

  • ○:筋トレの腹筋を1日1~5回からコツコツ始める
  • ×:筋トレの腹筋を1日100~1000回から始める

圧倒的に前者の方がオススメです。
なぜなら、脳は急激な変化を嫌がるからです。

コツは「脳が気付いたら受け入れていた!」程度の負荷でコツコツ継続しましょう。

具体的には「20秒ルール」という方法があります。
手に入れたいと思っている習慣を普段より20秒早く行えるようにすることです。

その反対に20秒手間が掛かるように行動すると、辞めたい習慣を辞めることができます。

②マジックナンバー4

  • 結論:週4回以上、取り組めば、習慣化しやすいです。

③習慣化できるか決まる6週間目の罠

  • 週4回で頑張っている人は6週間目を超えても継続しやすい
  • 週2,3回で頑張っている人は6週間目で挫折して辞めやすい

ということもあって、メンタリストDaiGoさんが提唱しているのは
8週間続けることを目標にするべき、です。

書籍:短期間で〝よい習慣〟が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術

ここで、もしかすると

「仕事が忙し過ぎて週4回もできる時間がないです!」

って意見があるかもです。
その場合は1回の回数・時間などを減らして取り組むべきです

週2回60分のトレーニングを週4回30分とかでOKです!

つまり、モチベーションに左右されない自分になるコツは行動の習慣化が有効です。

③低いモチベーションでも行動できる自分になる方法

結論

まず行動することで「やる気」を出す、です。

理由

東京大学教授で脳研究者の池谷(イケガヤ)さんが
人間は行動を起こす」から「やる気」が出る生き物だと述べています。

書籍:のうだま―やる気の秘密

脳にスイッチを入れるのは身体なので、まずは身体を動かさない限りスイッチが一生入ることはないです。

具体例

仕事・勉強・家事などやらないといけないことが
最初は面倒でもやり始めると作業が捗った経験はないですか?

この現象を人間は「やる気」が出たからできたんだ!と考えるわけです。

身体を動かさなくても脳にスイッチが入る方法

手順(東京大学教授の脳研究者・池谷裕二さん紹介)

  • 手順1:まず、目を閉じる
  • 手順2:テニスボール、りんご、みかんなどを頭頂部に乗せる(15秒ほど)
  • 手順3:ゆっくり手を離して、目を開ける

そうすることで、スムーズに行動できます。

集中できる原理は?

  • 結論:そもそも人間の意識は分散している
  • 理由:意識を分散させることで外敵・事故を防ぐ生き物だから
ただ、集中したい場面では強制的に視野を狭めることが有効です。

※馬がレースでマスクを付けて視野を制限している原理と同じです。

改めて説明すると

視野を遮り、頭頂部に意識を集中させることで
目の前のタスクに集中して取り掛かる状態を作ることができます。

つまり、面倒な時こそあれこれ考えず、パッと始めるべきです。

まとめ

おさらい:今日のポイント

  • ①そもそもモチベーションってなに?
  • ※そもそも「モチベ(やる気)」存在しないモノ
  • ②モチベーションに左右されない自分になるコツ
  • ※行動の習慣化が有効である
  • ③低いモチベーションでも行動できる自分になる方法
  • ※まず行動することで「やる気」を出していく

繰り返しになりますが、
モチベーションとは「やる気」のない人間が創作した虚構です。
まず「行動」することが「モチベーション」を高める最適解です。

・モチベーションを高めること
・習慣化するために必要なこと

これらはつまるところ「行動」と「継続」になります。
「行動」と「継続」を繰り返していくことでコツコツ人生を良くして行きましょう。

本日紹介した書籍