Hiroblog Written by Hiro Terao

【Part58】行頭に「0」が入る文字列を入力する方法【脱・Excel初心者】

Programming

Excelスキルを上達させたい人
「Excelは苦手だけど、仕事で必要だから勉強したい。けど…何から勉強したら良いのだろうか?仕事に活きるExcel術は何だろうか?なんとか、Excelで苦戦する日々から抜け出して、仕事の成果を出していきたい。」

こういった、疑問に答えます。

本記事のテーマ

  • 【Part58】行頭に「0」が入る文字列を入力する方法【脱・Excel初心者】

今日のポイント

  • ①行頭に「0」が入る文字列を入力する方法
  • ②まとめ

記事の信頼性

下記の本で学習した僕が発信します。

ちなみに現在の僕は、銀行員からITエンジニアに転職してExcelを毎日扱っています。

記事を読んだ後の姿

  • 「Excelの基礎」を理解して、明日から活用できます。

①行頭に「0」が入る文字列を入力する方法

0

結論

  • 先頭に「 ' 」(アポストロフィー)を付ける
例えば、「001」や「002」って入力したいのに「1」や「2」と表示されることがあります。

001
1
この悩みを解決する方法が「先頭に ‘ を付ける」です。
では、実際に「 ‘ 」をつけて001~005を入力します。
'001
enter
001から005

上記のように「 ‘ 」を付けることで、行頭に「0」を入力することができました。

ここまで読んでいただいた方で、もしかすると

「なぜ ‘(アポストロフィー) を付けると、行頭に0を入力できるのですか?」

っていう意見があるかもです。結論は文字列として認識されているからです。

本来、001は「数値」として扱うのでExcelが1に変換します。ただ、数字の先頭にアポストロフィを付けることで数値を文字列に変換して、001で機能するようにしています。

つまり、今回の内容をまとめると以下です。

行頭に「0」が入る文字列を入力する方法

  • 先頭に「 ' 」(アポストロフィー)を付ける

以上になります。知っておくと便利なプロの技でした。

②まとめ

まとめ

今日のおさらい

  • ①行頭に「0」が入る文字列を入力する方法

繰り返しになりますが、
Excelを上達する上で重要なこと
まず「Excelの基礎」を押さえることです。

こういった「Excelの基礎」は他にもあるので、どんどん更新していきます。

最後になりますが、
僕が学んだ以下の本はかなりオススメです。
ビジネスマンなら誰もが必須で持っておくべきです。

是非、手に取って明日から使える「Excel術」を学んでください。


それでは、素敵なExcel Lifeを~!!!