Hiroblog Written by Hiro Terao

【初心者向け】これだけは知っておきたいアフィリエイト用語集

Blog

こんにちは、ブロガーのヒロです。

アフィリエイトを始めて、下記に悩んだことはないですか?

「アフィリエイトをしている中で、分からない単語が出てくる。ページビュー?コンバージョン?ASP?そんなの日常生活で聞いたことない!なんか重要っぽいけど放置しちゃってる…。分からないままで良いのかな?」

この気持ちすごくわかります。過去の僕もまったく同じでした。
そこで今回は「これだけは覚えるべきアフィリエイト用語」をまとめてみました。

こんな方におすすめの記事!
・初心者が知っておくべき用語を知りたい!
・初心者が読むだけでイメージできる用語の説明が良い!
・この用語だけ知っていればOKのサイトがあれば助かる!

こういった疑問に答えていきます。

本記事のテーマ

  • 【初心者向け】これだけは知っておきたいアフィリエイト用語集

本記事のテーマ

  • ①【基礎編】これだけは知っておきたいアフィリエイト用語
  • ②【ブログ編】これだけは知っておきたいアフィリエイト用語
  • ③【スキル編】これだけは知っておきたいアフィリエイト用語
  • ④【分析編】これだけは知っておきたいアフィリエイト用語
  • ⑤【裏技編】これだけは知っておきたいアフィリエイト用語
  • ⑥まとめ

本記事の信頼性

自己紹介
  • この記事を書いている僕はブログ開始3ヶ月で3万円稼いでいます。今回の用語を学習してブログを書いた結果、旅行のホテル代ほどはブログ収益で払えるレベルになりました。

こういった僕が解説していきます。

実は、アフィリエイトの用語ってめちゃくちゃありますが、
今回紹介するワードだけ覚えて実践すれば稼げるようになるはずです。

なぜなら、僕がブログ開始3ヶ月で3万円稼げているからです。

またブログの後半では「自己アフィリエイト」といって
誰でもかんたんに1~5万円を単発で稼ぐテクニックも解説します。

つまり、この記事を読み終わった後には下記のことがわかります。

  • 初心者が知っておくべきアフィリエイト用語
  • 誰でもかんたんに1~5万円稼げる自己アフィリエイト

用語を知っているか、いないかで結果は変わるので学んでいきましょう。
(※あくまでもわかりやすさ重視です。)

①【基礎編】これだけは知っておきたいアフィリエイト用語

基礎編

ブログ収益にかかわる重要用語は2つ

  • ①アフィリエイト
  • ②Googleアドセンス

ASPとは?/知っておくべきサービス8選

  • ①A8.net
  • ②もしもアフィリエイト
  • ③バリューコマース
  • ④afb(アフィb)
  • ⑤アクセストレード
  • ⑥楽天アフィリエイト
  • ⑦Amazonアソシエイト
  • ⑧YouTubeアフィリエイト

読者が商品を購入するページの名前

  • ①LP(ランディングページ)

それでは詳しい説明に入っていきます。

ブログ収益にかかわる重要用語は2つ

  • ①アフィリエイト
  • ②Googleアドセンス

①アフィリエイト

  • 企業の商品・サービスを紹介して、
    そこから申込が入ればブログ収益がもらえます。

→成果報酬型広告とも言われています。

例えば僕は下記のアフィリエイトをしています。

  • プログラミングスクールの紹介
  • ITエンジニアになるための転職サイト紹介

アフィリエイトの仕組みなどについての詳細は別記事で書いています。
>> アフィリエイトとは?仕組み、始め方、稼ぎ方、やり方を図解で徹底解説

②Googleアドセンス

  • サイト内にある広告が読者にクリック
    されることで収益が発生するサービスです。

例えば下図のようなものがGoogleアドセンス広告ですね。
Webサイトでこんな広告を見たことないですかね?
アドセンス広告
転用:Tsuzuki blog

アドセンス広告の導入方法については
Tsuzukiさんのブログ記事がわかりやすいです。
>> 【無料ブログNG】Googleアドセンス審査への申請方法【合格チェックリスト付き】

つまり紹介した2つはブログ収入における重要用語です。

  • ①アフィリエイト
  • ②Googleアドセンス

ASPとは?/知っておくべきサービス8選

そもそもASPとは?

  • アフィリエイターが読者へ商品を紹介できるように
    さまざまなサービスを用意してくれていることです。
例えば、マコなり社長のプログラミングスクールTECH CAMP
を紹介する場合は株式会社divではなくASP会社を経由して
紹介することになります。
もちろんASP社はTECH CAMP以外にも
さまざまなプログラミングスクール紹介の案件を持っています。

つまり、アフィリエイトをしていく上で
アフィリエイターはASP社に登録して
数多くある案件から読者へ紹介していく商品を選びます。

ASPで知っておくべきサービス8選

ASPについて詳しくは以下で解説しています。
>>アフィリエイト初心者におすすめのASP・ジャンルを紹介【売れる文章術もセット】

読者が商品を購入するページの名前

  • LP(ランディングページ)

LP(ランディングページ)とは

  • 広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページです。

例えば、僕が紹介しているSkill HacksのLPは以下です。
LP
LPの質が高ければ商品が売れやすくなります。

②【ブログ編】これだけは知っておきたいアフィリエイト用語

ブログ編

ブログ周辺の重要用語は5つ

  • ①CMS
  • ②WordPressテーマ
  • ③ドメイン
  • ④サーバー
  • ⑤サイトマップ/ パンくずリスト

①CMS

  • コンテンツ・マネジメント・システムの略です。
代表例はWordPressです
世界で最も利用されているCMSです。
(※このサイトもWordPressで作られています。)

またWordPressの説明は下記です。

  • サイト・ブログの作成が無料でできるソフトウェアです。

WordPressで作られている有名なサイト

つまり、会社のHP・個人ブログなどが
作成できるようなモノだと覚えればOKです。

②WordPressテーマ

  • WordPressテーマとは「サイトの外観」です。
    無料テーマもあれば、有料テーマもあります。

ちなみに僕はマナブさんのテーマを使わせてもらっています。
>> Manablog Copy
テーマ

ブログの「見た目」の部分になるのでわりと重要ですね。
(※僕が参考にしたマナブさんの記事を載せておきますね。)

>>開発者の僕が選ぶ、WordPressのおすすめテーマ。7種類を厳選した

③ドメイン

  • ドメインとはサイトURLのことです。

僕のサイトは「hiroterao.org」というドメインを取得しています。

ドメインが取得できるサイト(※取得経験あり)

ブログを始める上でドメインは必須になります。

つまり、ブログを始めるならイヤでも触れることになります。

④サーバー

  • サーバーとはWebサイトにおける土地です。
Web上にサーバー(土地)を借りることでサイト(家)を設置できます。
(※③で説明したドメインは住所にあたるイメージですね)

有名なサーバー(※使用経験あり)

ブログを始めるなら上記のサーバーが王道です。

⑤サイトマップ / パンくずリスト

サイトに訪れた読者に下記のことを示すモノになります。

  • このサイトにはどのような記事があるのか?
  • いま私 / 僕はサイト内のどこにいるのか?

上記のことがわかれば、読者にとって助かります。
それをサイトに用意する感じですね。

具体例は会社のHPなどがわかりやすいです。

サイトマップ:無印良品

サイトマップ

パンくずリスト:サッカーショップKAMO

パンくずリスト

上図のように情報量が多いサイトにおいては
サイトマップ/ パンくずリストを載せておくと読者は助かりますね。

③【スキル編】これだけは知っておきたいアフィリエイト用語

スキル編

Web集客の重要用語は2つ

  • ①SEO
  • ②インターネット広告

①SEO

  • SEOとは「検索キーワード」に対して
    上位表示を狙うためのテクニックになります。

なぜSEOが重要なのか?

  • 結論は売上に直結するからですね。
例えば、Google検索で1番上に表示される記事と
1ページ目にさえ表示されない記事があれば前者の方が見られます。
(※記事が見られる=商品を買ってもらえる可能性がUPします)

だからこそブロガーはSEOを頑張っています。
検索順位

SEOで検索順位を高めるには3つの用語がカギになります。

  • ①コンテンツSEO
  • ②内部対策
  • ③外部対策

①コンテンツSEO

コンテンツSEOとは?

  • 読者の検索意図に沿った良質なコンテンツを作成し、
    自然検索(SEO)から集客の増加を目指すことです。

具体的には下記です。

読者がGoogleで「未経験 エンジニア転職」と調べる場合の話です。

上記のキーワードで調べる読者のニーズはこんなことがあります。
  • 「未経験からエンジニアになれる方法ってなにがあるのかな?」
  • 「エンジニアになるためにはどんな転職サイトが良いのかな?」
上記の悩みに対して解決できるように書くことがコンテンツSEOです。

さらに深掘りして学びたい方はWeb幹事さんの記事がおすすめです。
>> コンテンツSEOとは?検索上位を狙う方法・メリットを詳しく解説【初心者向け】

②内部対策

大きく2つの意味があります。

  • ① 読者が不便なく記事を見れるようにする
  • ② 検索エンジンのロボットが巡回しやすいようにする
1に関しては、ページ速度の高速化をすることです。
(※ページの読み込みが遅いと読者は離脱します)
2に関しては、Googleの検索エンジンロボットが
あなたの記事を正しく読み取って評価しています。

その際にタイトルはH1タグを使う、見出しはH2タグを使うなどロボットが理解しやすいように「手助け」をします。

Googleの検索エンジンロボットが
正しく読み取れるような助けができれば評価されやすいです。

さらに深掘りして学びたい方はWeb幹事さんの記事がおすすめです。
>> SEOの内部対策の基本と15のチェックリスト!外部対策との違いも解説

③外部対策

  • 結論は被リンクを獲得することです。
被リンクとは自分のブログ記事が
色んなブロガーさんの記事で紹介されることです。

Googleロボットは下記の解釈をします。

「色んな人から紹介されているこの記事は信頼できる!
だからこそ、関連のキーワードで検索されたときに記事を上位表示してあげよう!」

これはあくまでもざっくりですが、理屈はわかるはずです。
良い記事を作れば紹介される可能性はUPしますね。

さらに深掘りして学びたい方はWeb幹事さんの記事がおすすめです。
>> SEOの外部対策とは?内部対策との違いや被リンク獲得方法を紹介

②インターネット広告

大きく3つあります。

  • ①SNS広告
  • ②リスティング広告
  • ③動画広告

①SNS広告

下記のプラットフォームなどで配信する広告のことです。

  • LINE
  • TikTok
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

②リスティング広告

  • リスティング広告とはユーザーが検索したキーワード
    に連動して掲載される広告のことです。

1枚目:プログラミングスクール

プログラミングスクール

2枚目:エンジニア 転職

エンジニア転職
広告の内容が変わっていますよね。

検索連動型広告、PPC(Pay Per Click)と呼ばれ
広告がクリックされるたびに費用が発生する仕組みです。

代表例は2つです。

  • Google広告
  • Yahoo!広告

リスティング広告は費用が発生するものの
検索結果の上部に表示できるので、露出度を増やせます。

③動画広告

YouTubeで流れてくる広告などですね。
動画広告の種類はざっくり3つほどあります。

  • ①インストリーム動画広告:YouTubeの動画内に流れる広告
  • ②インバナー動画広告:バナー枠に配信されるタイプの広告
  • ③インフィード動画広告:SNSなどのタイムラインに流れる広告
上記3つはアフィリエイトにそこまで関係ないかもです。
(※とはいえ知っていたほうが良いです)

④【分析編】これだけは知っておきたいアフィリエイト用語

分析編

ブログ記事の分析で重要な用語は3つ

  • ①Googleアナリティクス
  • ②Googleサーチコンソール
  • ③分析でよく使われるワード

①Googleアナリティクス

  • 基本無料で使えるアクセス解析ツールです。
アフィリエイトで結果を出していくなら必須のツールです。
アナリティクス

例えば下記のデータを解析してくれます。

  • 「サイトの訪問者数はどれくらいだろ?」
  • 「訪問者はどこを経由してやってきたのか?」
  • 「閲覧したデバイスはスマホ?パソコン?どっちだろ?」

上記のような感じで、データを計測することができます。

②Googleサーチコンソール

ざっくり下記の2点を調べることに役立ちます。

  • ①読者はどんなキーワード検索でサイトに訪れているか?
  • ②検索結果画面でのクリック率はどれくらいの比率か?
サーチコンソール
僕の場合は「スキルハックス 評判
で検索した読者1,366人に僕の記事が表示されています。

しかし、クリック数は0回です。(※これはヤバい笑)
この場合はクリック率が上がるような
タイトルor説明文に変更して改善することが1つの策です。

③分析でよく使われるワード

  • PV(ページ・ビュー):ブログのページが表示された回数
  • CTR(クリック・スルー・レート):表示回数のうちクリックされた割合
  • CVR(コンバージョン・レート):アクセス数のうち申込に至った割合
  • CTA(コール・トゥ・アクション):ユーザに次の行動を促すための施策
  • EPC(アーン・パー・クリック):広告1クリックあたりの収益を示す
  • 直帰率:最初のページだけを見て離脱した割合

⑤【裏技編】これだけは知っておきたいアフィリエイト用語

裏技編

1~5万円を単発で稼ぐテクニック

  • 自己アフィリエイト(セルフバック)
大手アフィリエイトサイトはセルフバックを用意しています。

代表的なのは次の5社です。

例えばこちらA8.netのセルフバック画面です。
楽天のクレジットカード申込で9,000円の案件があります。

こういった案件に何個か申込すれば1~5万円ほどGETできます。
(※各案件はそれぞれ単発です。)
自己アフィリエイト

とりあえずまだの人はセルフバックにトライしましょう。

⑥まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか?
今回、紹介したアフィリエイト用語集を下記にまとめました。

基礎編

  • アフィリエイト
  • Googleアドセンス
  • ASP

ブログ編

  • CMS / WordPress
  • WordPressテーマ
  • ドメイン
  • サーバー
  • サイトマップ/ パンくずリスト

スキル編

  • SEO
  • インターネット広告

分析編

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール
  • PV(ページ・ビュー)
  • CTR(クリック・スルー・レート)
  • CVR(コンバージョン・レート)
  • CTA(コール・トゥ・アクション)
  • EPC(アーン・パー・クリック)

裏技編

  • 自己アフィリエイト(セルフバック)

繰り返しになりますが、この記事で紹介した
アフィリエイトに関する用語はしっかり押さえましょう。

また自己アフィリエイトをしていない人は
下記のASP社に登録して1~5万円ほど稼ぎましょう。

(※これだけでブログのサーバー代など払えますね)

それでは以上になります。